トップ >  クオリティライフ >  バブルで儲けた40億円は全額スッた「闇の番人」田中森一(4)

バブルで儲けた40億円は全額スッた「闇の番人」田中森一(4)

株で儲けた40億円は身に付かず

 「今はそんなことできますか、暴力団は口座を開けないばかりか、保釈中のわしもだが、反社会的といわれる人の株参加は認められない。バブルの頃は仮名・借名が許されたが、今は他人名義で株取引はできない。バブルの頃はブラックマネー、アングラマネーを持った人が株に投資することができる環境にあった。株で勝てば売買代金の1%を税金として払えば問題はなかった。今は証券監視委員会が金の動きに目を光らせ、金の出所まで厳しく問われる。株の世界はがんじがらめだ。


田中森一
 ダーティーな人が持つ金は莫大だ。税務署に知られたくないタンス預金は一説に1000兆円あるといわれる。ところがルールが厳しくなって、そんな金は世の中に出回らないから株も活性化しないんだ。アベノミクスといっても株価は15000円にも届かない」

 数多くの仕手を手掛け、その名を知られていたコスモポリタングループを率いた山口組系の元組長、池田保次とは裏社会の情報源として検事時代から付き合いがあった。池田が仕掛けた雅叙園観光ホテルやタクマの仕手戦で、田中は池田と敵対する側の代理人に立った。池田が資金繰りに窮しているのは聞いていが、彼の失踪は88年8月だった。 

 元ヤクザの池田が、ヤクザ世界のアングラマネーを運用していたことは想像に難くない。ヤクザの中には仕手筋につぎ込んだカネが回収できず、身動き取れなくなった連中も少なくない。池田はドラム缶に入れられ、生きたままコンクリート詰めされ、大阪湾に沈められたという噂が流れた。検事時代から付き合いのある池田は、仕手戦の最中でもえげつない手を使うこともなく、どこか憎めない人物であった。自分と相通じるところがあったような気がすると田中は振り返る。

 「株の儲けは博打と一緒でしょせんはあぶく銭、身につかん」

 89年末、3万8915円の最高値を付けた日経平均株価は翌年10月には2万円を割るまでに下落する。加藤の勧めで田中も東急電鉄株をかなり購入した。だが、東急電鉄株や他の株も軒並み下落し、バブルの紳士が皆そうであったように、田中も儲けた40億円以上の金を失い、マンション等の不動産もすべて処分することになる。(文中敬称略)

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする