トップ >  ニュース >  消費税増税の次は富裕税か、人生で2度はあるか?

消費税増税の次は富裕税か、人生で2度はあるか?

 5%から8%への消費税増税を安倍首相が決定したが、富裕層にとっては次なる増税策が何か、庶民にとっては税負担が重くなると関心を寄せている。

週刊現代10月12日号「財務省が孫正義、三木谷、柳井の全財産を没収する日」
週刊プレイボーイ10月14日号「消費増税の前に『富裕層優遇税』に手をつけろ!!」

 今週発売の週刊誌2誌が、富裕税について特集を組んでいるのだ。これは、消費税増税が決定したことを受けたタイミングだけに、お次の増税策は何になるかという視点と、庶民の税負担が重くなるから不公平だという視点からの特集だ。

 全国民にとって関係することで関心が高いことを示しているとも言い換えることができる。

 まず、今回の消費税増税で大切なことは、これで社会保障の立て直しや財政再建ができるわけではないということだ。

 財務省が試算した「平成24年度予算の後年度歳出・歳入の影響試算」によると、平成27年度までの歳出と歳入を試算したもので、名目経済成長率1%台半ばの場合でも、平成25~27年度まで財政収支は赤字となる。次のような数字となる。

   25年度   26年度   27年度
歳出 91.9兆円  98.2兆円  101.4兆円
歳入 46.1兆円  52.9兆円  56.0兆円

 これは成長率を2%や3%にいじくったところで財政収支の赤字は結果的に変わらない。この試算は、消費税率を5%から8%へ、8%から10%とアップした上での結果だ。

 こうなると、お次は何かとなる。そこで、有力なものが財産税と富裕税だ。

 財産税は、1946年(昭和21年)、当時の吉田内閣が財産税法を施行することを決めた。GHQの指示に基づいたもので、従来から存在した相続、固定資産などの各税に加えて、1946年3月1日時点での保有資産合計が、10万円以上の個人を対象として課税された。何と資産額1500万円以上の人は90%という超累進課税となった。
 
 富裕税は続けて1950年に施行され、資産総額5000万円以上で資産に対して毎年3%が課税される。つまり単純計算で30数年で財産を没収し尽くすということになる。だが、結果的には50~52年の3年で終わっている。


富裕税 財産税
 その際の税収額は、50年度5.2億円、51年度9.6億円、52年度22.3億円だったという。昨年7月の参院社会保障と税の一体改革に関する特別委員会で、安住財務相(当時)は「土地家屋は把握しやすいが、預貯金が終戦直後のことなので把握が難しかった。収入はないが、資産がある人には財産を食いつぶすだけだったので難しかったこともあり、3年で終わってしまった」と説明した。

 ただ、故・松下幸之助なども財産をほとんど没収されており、この経験が後に構想した「無税国家論」につながっており、松下政経塾の設立にいたっている。

 財産税と富裕税は、使い道はすべては明らかにはなっていないものの、国の債務を解消するため、さらには、GHQによる各種費用などにも充てられたとも言われている。

 富裕税はつい63年前だ。人生のうちで2回経験する人も出てくるのだろうか。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする