トップ >  クオリティライフ >  凱旋門賞で世界一に挑む栗東の40代「天才」と「秀才」

凱旋門賞で世界一に挑む栗東の40代「天才」と「秀才」

 10月6日に行われる競馬の最高峰レース凱旋門賞(仏ロンシャン競馬場、2400芝)で、日本からオルフェーヴルと、キズナの有力2頭が挑む。現在世界一とも言われる日本競馬のレベルだが、ホースマンの悲願である優勝の可能性高い有力馬2頭を出走させるという歴史に残りそうなこのレースで頂を極めようというのが、栗東トレーニングセンター始まって以来の「天才」と呼ばれる武豊騎手(44)と、「秀才」と呼ばれる池江泰寿調教師(44)の2人だ。海外のビッグレースに勝つことを幼いころから事あるごとに、語ってきた2人が競馬の歴史を変えるかどうかに注目が集まる。

小中と同級生

 キズナに騎乗する武豊騎手は、父に武邦彦さん(元騎手、元調教師)を持ち、オルフェーヴルの調教師である池江泰寿調教師は父に泰郎元調教師を持つ、ともに栗東トレセン育ちの二代目である。

 「武豊騎手が栗東トレセン始まって以来の天才なら、池江調教師が栗東トレセン始まって以来の秀才です」と競馬記者が2人を称する。


凱旋門賞
ゴール前でソレミアに交わされるオルフェーヴル(左)
=昨年の凱旋門賞
 2人は、競馬一家に生まれ、毎日、馬を見る生活を送ってきた。金勝(こんぜ)小学校、栗東中学校まで同級生として過ごし、その後は別々の道を行った。2人は学校では同じ乗馬クラブの部員としてともにすごしたが、体格の関係で別々の道を行くことになったのだ。池江氏は身長が170センチ以上でしかも大柄な骨格が災いして、道をあきらめて調教師を目指すことになったのだ。

 元々、「馬の特徴をすぐに掴んで柔らかく乗る」タイプの天才肌の武豊騎手と、「血統や調教などを分析して特徴を掴む」タイプの秀才型の池江調教師はまったく異なるキャラクターでもあったのだ。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする