トップ >  メイク・マネー >  ツイッター上場で億万長者は何人誕生か

ツイッター上場で億万長者は何人誕生か

 米大手SNSのツイッターが先日、米証券取引委員会(SEC)にIPO(新規株式上場)の申請を行い、11月にもいずれかの市場に上場と見られるが、ビリオネア(10億ドル長者)の誕生は1人となる見通しだ。昨年上場のフェイスブックでは9人誕生しただけに寂しいかぎりだ。億万長者は7人誕生する見通し。

 SECに提出した資料(S-1)によると、ツイッターの資金調達は10億ドル規模と小さく、グーグルの19億ドル(2004年)、フェイスブック160億ドル(2012年)と比べるとかなり小さい。共同創業者の一人、エヴァン・ウィリアムズ氏が12%にあたる、約5690万株を保有。時価は1株=20.62ドルで計算すれば、約11億7348万ドルになる。

◆主な大株主(氏名、保有株数、保有比率、時価総額) 
エヴァン・ウィリアムズ  5690万株 12%  11億7348万ドル
リチャード・コストロ   758万株  1.6% 1億5649万ドル
ジャック・ドーシー    2341万株 4.9%  4億8274万ドル
アダム・ベイン      172万株      3551万ドル
ピーター・カリー     29万株       601万ドル
ピーター・フェントン   3156万株 6.7%  6億5094万ドル
デビッド・ローゼンブラット28万株       584万ドル
ディック・コストロ    758万株      2億2000万ドル
ビズ・ストーン      0株        ?


ツイッター
左からウィリアムズ、ストーン、ドーシーの3氏
 ウィリアムズ氏とともに、共同創業者であるジャック・ドーシー氏は4億8274万ドルで、ビズ・ストーン氏にいたっては、ほぼ0株に近い保有数だ。初期のメンバーたちが会社を去る時にかなりの株式を売却していると見られ、それらがセカンドマーケットで流通し、相対取引で売買されていた。その価格が1株=20ドル台だということだ。

 元々別の会社のサイドビジネスとしてガレージから立ち上がった事業だが、会社化してからは取締役会での権力闘争や、経営コーチ屋の過剰な介入などで、創業メンバーさえも離れていった。ツイッターという技術、サービスありきの立ち上がりでもあり、それほど会社組織としての結束には乏しかったのかもしれない。

 とにかく、SNSとしては、2億人以上のユーザーを抱えるサービスに成長し、世の中になくてはならないものとなった。この時点ではビリオネア1人、ミリオネア7人が誕生する見込みである。

 また、NYタイムズによると、ビズ・ストーン氏の知人であるグレッグ・ヤイタネス氏が初期に投資するチャンスを、妻から「離婚する」と言い渡され、チャンスを逸したという残念すぎるエピソードが紹介されている。

 他には、5%保有の機関投資家は次のとおり。
リズヴィ・トラヴァース
スパークキャピタル
ベンチマークキャピタル
ユニオンスクエアベンチャーズ
DSTグローバル

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする