トップ >  クオリティライフ >  朝日、読売30代「恐喝記者」が会社を提訴

朝日、読売30代「恐喝記者」が会社を提訴

巨人軍裏金報道の裏で行われた調査

 当然、朝日から読売にも伝えられることになり、両者を巻き込んでの大事件へと発展する。ちなみに、この頃は、朝日新聞がプロ野球巨人軍の選手6人が総額36億円の裏金を受け取っていたという報道をしたことで、微妙な関係でもあった(その後、巨人軍が朝日新聞を提訴)。表向きには険悪な関係に見えたが、水面下ではこの事件の処理をめぐって協力をせざるをえなかったことだろう。

 ここで、恐喝被害者Cも事情聴取を受けることになり、A、Bに陥れられそうになったとして、知り合いの弁護士を介してA、B両者と示談書を交わすなどして現金の回収などを行った。A、Bともに昨年9月に懲戒処分となり、それぞれの会社を去っている。

 朝日の場合は昨年4月に、千葉総局の記者が妻を殴打して全治3カ月の重傷を負わせて、略式起訴になっている。こちらが、解雇されていないことから、平等の原則からも不当な処分であるとBは主張している。

 雇用の契約が続いていれば、本来受け取るはずであった給与や賞与など、Aが約1220万円、Bが約1900万円を請求している。

 この事件に発展した背景は何だったのか。訴状や、運動記者たちの証言を基に見てみる。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする