トップ >  クオリティライフ >  朝日、読売30代「恐喝記者」が会社を提訴

朝日、読売30代「恐喝記者」が会社を提訴

 朝日新聞と読売新聞の30代運動部記者が、同僚の朝日記者を恐喝するなどしたとして懲戒処分となり、この朝日、読売の元記者2人が、会社を相手取って、雇用契約による地位保全、本来なら支払われるべきだった賃金などを求めて、それぞれが別々に東京地裁に提訴した。2人は朝日記者から数百万円を恐喝したとして昨年、懲戒処分に。日本の二大マスコミの記者が起こした異例の悪質事件。処理はひっそりと行われたが、今度は戦いの場所を法廷に替えて争うことになった。

殴打、わいせつメール

 まず登場人物をまとめておく。
 原告A=読売新聞運動部記者(34)、ロッテ担当
 原告B=朝日新聞運動部記者(33)、メジャー、パリーグ担当
 恐喝被害者C=朝日新聞運動部記者(31)、ロッテ担当

 訴状などによると、3人は昨年6月16日夜、東京・銀座で合コンに出席し、その後宿泊先のホテルに向かう際の路上で、CがAとBを殴打したという。そして、ホテルでも殴打は続き、Cが帰った後に携帯電話を部屋におとしていった。Aは、仕返しにその電話で卑猥なメールを複数人の女性に送信した。

 後日、AとBは、病院などで診断を受け、首などに障害を受けたとして、AはCから約250万円、BはCから約330万円を受領したという。領収書や請求書などの書面は発行しておらず、3人だけの秘密として処理されるはずであった。ただ、計算ミスが一つだけあったのだ。

 朝日新聞が知る発端となったのは、わいせつメール。AがCの携帯から不特定多数に送ったメールだった。受診した女性社員らから相談を受けたことにより発覚し、会社が事情聴取に乗り出すことになった。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする