トップ >  クオリティライフ >  大富豪共通の難題「後継者育成」ユニクロ柳井正氏

大富豪共通の難題「後継者育成」ユニクロ柳井正氏

富裕層からは高い評価


柳井正
柳井正氏
 富裕層の自宅にはよく、なぜかユニクロ製の服がある。「機能性ブランドとしては、ユニクロは最高のブランドですよ」(60代男性、会社社長)といい、タンスの中にはたくさんの同社製品があった。

 また別の富裕層からは「昔はユニクロの製品は安かろう悪かろうだった。でも、今にいたるまでに他社の良いところ、いわゆるいいとこどりをして、ハイブリッドになってきているように思う。世界に通用する会社を作ることができる人は一握りでしかない」(30代、男性社長)という声や、「あそこまで、非情に言い切るところ、もっと言うなら、非情になれるところは並の経営者ではマネできない」(30代、男性投資家)という声も聞いたことがある。

 フォーブスが推計した日本の長者番付では総資産133億ドル(約1兆3075億円)で、1位でもあり、尊敬のまなざしや、目標という捉え方もあるのだろうか。富裕層間の格差は、富裕層と一般層との格差よりも大きく、例えば1億円と1兆円の差は、1億円と1000万円の差よりも大きい。自分よりも秀でた人を評価するのも富裕層であり、憧れを持ち目指す目標ともしているのだ。

 一方で、すべての人がそうは受け取らない。「世界同一賃金」による「年収100万円」発言など刺激的な言葉が炎上を生むこともしばしばだ。

 これは、今後さらに人材がフラット化していくと、何ら取り柄のない下層の従業員は年俸100万円になる可能性もありうるという意味で説明したので、よく発言を読めば背景は理解可能だ。だが、発言主の意図とは別に、センセーショナルさで感情論として受け止められることも多い。

 この考え方を理解できる上で、会社の事業を発展させることができる人間を残せば良い? もちろん、ここからポスト柳井が出てくるかどうかは今後を見なければならない。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする