トップ >  クオリティライフ >  大富豪共通の難題「後継者育成」ユニクロ柳井正氏

大富豪共通の難題「後継者育成」ユニクロ柳井正氏

無暗に敵を作らないことも大切?

 メディアでは取り上げられることがなかった、ユニクロの内部を取り上げたノンフィクションルポ「ユニクロ帝国の光と影」(文芸春秋)では、文芸春秋を相手取って東京地裁に提訴したが、主張は退けられている。

 これは著者が、中国の複数の工場に突撃取材行い、その労働の過酷さやユニクロ側の要求の高さなどの証言を得るなど、これまでの日本のメディアでは知ることができなかったような内容が盛りだくさんだ。国内の従業員の働き方にも言及しており、タイムカードを通してから再び職場に戻って働いたり、本社もこうしたことを黙認しているなどという記述があり、見過ごすことはできなかったようだ。

 ちなみに、この著書「ユニクロ―」は実は、富裕層の間でも読んでいる人は多く、法的な会社はともかく、ノンフィクション作品としてたいへんな力作でもあることは付け加えておく。

 センセーショナルなフレーズ、自分への不利な言論への対抗。保有株を一部、オランダ子会社に移転したこともインターネット上では言われなき批判が多かった。こうした要素が、ある種の炎上を生み出す要因になっているようだが、広い層から受け入れられるようになるかどうかも、後継者が活躍しやすい土壌作りになるのではないか。

 いずれにせよ、大富豪の後継者育成はどこでも大きな課題である。

 柳井氏の後継問題について、同じアパレル業界に身を置き、ユニクロとも関係がある富裕層に取材を依頼したところ、「商売に影響があるかもしれないので今回は、許してほしい」との断りの回答が来た。これは、いかに、柳井氏の存在が大きいかを示すものでもあるのではないか。今後、さらに大きくなるほど、後継問題は難しくなっていくことだろう。良い後継者を育成した時こそ、すべての層に受け入れられる大富豪となるのか。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする