トップ >  ニュース >  日本国債のタブー、大暴落しない理由 木曜日からでも間に合う週刊経済誌ランキング

日本国債のタブー、大暴落しない理由 木曜日からでも間に合う週刊経済誌ランキング

 今週の週刊経済誌ランキング1位は、世界の中における日本の大学の位置付けを取り上げた「日経ビジネス」。日本では東京大学がトップで32位だが、ランク入りはごくわずかという現状で、今後の在り方を検証している。

 ◆1位 日経ビジネス 世界のトップ大学
 日本でナンバーワンの最高学府は東京大学だが、世界大学ランキング(クアクアレリ・シモンズ調査)では32位だ。一昨年25位、昨年30位。ここ数年はアジア圏でも他国の進出が著しく香港大学(24位)、シンガポール国立大学(26位)とアジア圏でもトップであり続けられなくなっている。果たしてこれでよいのか? サブタイトルに< 「東大」は生き残れるのか>と冠している。

 特集は東大の濱田純一総長のインタビューから始まる。「今の東大は、学生の潜在力を十分に引き出せていない」―― 危機感のある言葉で語られるのは、東大を含めた日本の大学の実状だ。日本語の壁、学期制度と問題点が語られる。そして、これらは多様性の阻害にも繋がっている。では、どのようにすればよいのか?

 「目指せ、世界基準」では日本の有名大学の取り組みが取り上げられる一方、経営者の視点として岩瀬大輔・ライフネット生命保険社長からの提言も述べられる。しかし、制度面だけで片付けられれば話はもっと早い。社会的な風潮にも問題がある。同誌のアンケート調査では、社会人の4割が「勉強しなかった」と回答するデータが挙げられている。
 
 海外の名門大学に入学した大学生の声は厳しい。「日本の大学では今以上の英語レベルの授業は受けられない」、「就活を優先するのは理解に苦しみます」など痛いところをついてくる。

 ◆2位 週刊ダイヤモンド 日本国債のタブー
 常に暴落が懸念されるが、事は起きない日本国債。そこには、知られざる大きなからくりが存在する。。国債を丁寧に解説しながら、国債のタブーにメスを入れる。

 なぜ、国債は大暴落しないのか。特集では大きく二つ挙げる。一つ目は、談合体質である。財務省、日本銀行、メガバンクが蜜月関係を続けているから。国債市場のヒエラルキーでは、財務省がトップ、メガバンク、生保・ゆうちょ・年金、地銀、信金、証券会社という順に続く。そのため、国債が行き渡る順番、量が違い「市場」とは名ばかりの談合体制となっているのだ。これは、買い入れ時にも同じ。

 二つ目は、入札至上主義。もし、完全な市場にすれば短期的には不安定だが、長期的には安定する。しかし、安定消化を最優先したために、入札の失敗が許されざるものになった。それは、入札さえ行なわれれば流通市場で暴落しても構わないと言わんばかり。こういったムラ社会の掟が日本の国債市場には存在するのだ。

 ◆3位 週刊エコノミスト 宗教と経済2013
 冒頭では「近代資本主義のあり方と日本経済への示唆」と題して、橋爪大三郎(社会学者)、大澤真幸(社会学者)、保坂俊司(比較宗教学者)の3氏が語る。資本主義とはどういった変遷を辿ってきたのか、経済と幸福とは、などのテーマが論じられ、独自の発展をとげた例としてイスラム・中国のシステムを挙げている。

 ◆4位 週刊東洋経済 おもてなしで稼ぐ
 インバウンド(訪日旅行)の大特集。題して「『おもてなし』で稼ぐ」。国別の入国者数ランキングというのがあるが、日本は増えてきたとはいうものの、現在33位。ちなみに観光大国1位フランスは8000万人超。2020年東京オリンピックの開催決定もあり、インバウンドの拡大が期待される。そこでどうやってこの成長市場インバウンドを取り込んで儲けるか。日本の「おもてなし」である。 

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする