トップ >  ニュース >  コーエン氏過去最高額10億ドルの支払いで和解か

コーエン氏過去最高額10億ドルの支払いで和解か

 インサイダーの罪で刑事訴追されている、米著名ヘッジファンドのSACキャピタル・アドバイザーズが、検察当局に10億ドル以上の罰金を支払うことで基本合意した、米WSJが伝えた。同罪の刑事訴訟としては史上最高額となる見通し。

 WSJによると、これまでの公判においては、SACは告発内容を否定してきたという。交渉内容については、検察、被告側ともにコメントを得られなかったという。今後の業務についても交渉には上がっている可能性がある。創業者スティーブ・コーエン氏自身は刑事訴追されていないという。ただし、コーエン氏自身の調べは続くともいう。

 SACはすでに、米証券取引委員会(SEC)により民事事件として争い6億ドルの罰金を支払うことで和解している。この金額はSECとの和解金額では史上最高額となった。民事、刑事合わせて総額で約20億ドルほどを支払うことになりそうだ。

 そのコーエン氏だが、コンテンポラリーアートの著名な収集家としても知られる。最近になってアンディ・ウォーホル、リキテンシュタインの絵をオークションに出品した。

 コーエン氏の経済活動は活発で、ハンプトンに6000万ドルのペントハウスを購入、さらには、オークションでピカソの絵画を1億5000万ドルで購入している。しかし、このタイミングでの売却は流動性資金のねん出ではないか、との見方もある。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする