トップ >  メイク・マネー >  英富裕層の「趣味」による地下室開発が急増で規制へ

英富裕層の「趣味」による地下室開発が急増で規制へ

 英ロンドンのチェルシー、メイフェアーなどは世界有数の高級住宅街として知られるが、
近年は土地の権利ではなく、「地下の権利」が社会問題になっている。プライベート空間を
新たに作るために地下深く拡張していく建築計画が役所には数多く出され、ケンジントン&チェルシー王立区の当局は将来的に水害など災害時の安全面などで問題が出る可能性があると見ており、規制の立法化を検討する方針だという。

地下4階にフェラーリミュージアムも


チェルシー
地下室開発の一例
 表面の土地の権利はわかりやすいが、では、その地下は誰のものか。まさかこんなことが問題になろうとは20年以上前には想像もつかなかっただろう。問題が表面化してきたのは2000年以降になってからだという。

 英ロンドンの住宅は、世界の富裕層には安心できる資産として買い求められる高級住宅地
として知られるが、昨年からさらに価格は上昇し、英国以外からも、米、中国、シンガポール、インド、ロシアなどからホットマネーが集まる。国家統計によると、ロンドンの住宅価格は2012年7月から13年7月までの間に、9.7%増となっている。

 ロンドンの中心部に近い高級住宅街である、ケンジントン&チェルシー王立区では地下開発が問題に及んでいるのだ。歴史的にも保全地区となっているが、地価上昇のために拡充するためには、横や上に行くよりも地下にいく方が容易なために、それが新たなトレンドになっている。

 当局の行政資料によると、2000年以前はほとんどなかったのだが、現在は改築がなされているところも多く、地下2階、3階と掘り進んで改築している家もある。

 スイミングプール、ボーリング場、プライベート映画館、プライベートスポーツクラブなど様々な施設を増設している。なかには、地下4階にフェラーリの個人コレクションを飾るミュージアムを設置している家庭もあるのだとか。

 では、こうした地下開発はどれくらい多いのか。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする