トップ >  ニュース >  日本の商業不動産投資が201%増8570億円に、ティファニービルも寄与

日本の商業不動産投資が201%増8570億円に、ティファニービルも寄与

 米総合不動産サービス大手ジョーンズラングラサール(本社シカゴ)がまとめた2013年第3四半期の投資分析レポートによると、日本の商業用不動産投資額は、前年同期比139%増の87億ドル、円建てでは201%増の8570億円となったことがわかった。同時期の世界の商業用不動産投資額は、前年同期比25%増となる1250億ドルに上ることがわかった。これで1000億ドル超えは6四半期連続。


ティファニー
ティファニー銀座ビル
 9月末には、東京・銀座のティファニー銀座本店ビルがソフトバンクの孫正義社長によって落札されたと伝えられ、落札金額は320億円。しかも、キャップレート(期待利回り)が2.6%という超割高な水準となった。この取引も結果的には、全体の実績を押し上げることになっている。

 2013年第3四半期まで9カ月間の日本の投資額は、ドル建てで前年同期比68%増の295億ドルとなり、2012年通年の投資額(252億ドル)を17%上回った。一方、円建てでは109%増の2兆8420億円となり、2012年通年の投資額(1兆9850億円)をすでに43%上回っている。

 日本国内は世界と比べても大幅に取引が増加しており、オーストラリア:13%増、中国:10%増、米国:21%増、英国:10%増、フランス:24%増、ドイツ:35%増と他国よりも活発な取引がなされている。また、主要都市が中心だった取引活動は地方の主要都市へ、さらに投資対象もAクラスからBクラスへと拡大しているという。

 同社は、2013年通年の世界商業用不動産投資額の見通しを、従来の4500億ドル~5000億ドルから4750億ドル~5000億ドルへと上方修正した。

 今後もさらに取引が活発化することが見込まれており、ジョーンズラングラサールリサーチの赤城威志・事業部長は「前年同期との比較では円建てで3倍の規模となっており、アベノミクス以降、引き続き不動産売買市場が活発であることを象徴する結果となりました。第2四半期まではJリートによる取引が多く、これが市場を牽引する形となっていました。しかし、第3四半期は、私募ファンドや海外投資家などJリート以外の取引が活発化し、これらのプレイヤーの市場参入チャンスが拡大していることを予感させます。また、第3四半期においては芝パークビルや、ティファニー銀座ビル等、話題性の高い大型高額取引が見られ、第4四半期における更なる市場の活発化が期待されます」と、分析している。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする