トップ >  メイク・マネー >  企業のブラック化は経営者の「邪心」から 破綻するブラック企業の楽しみ方(12)

企業のブラック化は経営者の「邪心」から 破綻するブラック企業の楽しみ方(12)

ブラック企業と取り締まりはイタチごっこ

 たとえば、経営危機を乗り越えて人の心に打たれたときなどが、改心の契機となる。

 ある外食チェーンが創業して数年後に経営危機に陥って、他社の傘下に入ったとき、社員の給与を大幅カットせざるをえなくなったため、経営者は条件の良い会社への転職を促した。すると、一部の社員は「給料が下がっても社長のもとで働きたい」と残留を申し出た。この一件で、経営者の考え方はガラリと変わったという。

 「それまで社員は自分の手足のようなものだと思っていましたが、それからは社員の人生を考えてあげるようになりました。皆、若いときの私がそうであったように、自分の店を持ちたいと夢見ている。そのために入社してきたのですから、夢をかなえてあげようと」


ブラック企業
 以後、この経営者は奮闘して会社を買い戻し、ノレン分け制度を設けて社員を次々に独立させていった。会社が一部の債務保証を引き受けるため、相場以下の開業資金で独立できている。たぶん、独立した社員は恩義を感じて本社に尽くすだろうし、部下に対しても自分が受けた恩恵を受けつぐように遇するのではないか。

 厚生労働省はブラック企業の調査や公表に乗り出すようだが、イタチゴッコに終わるだろう。ブラック企業には知恵袋の弁護士が就き、手を変え、品を変えて法の網をくぐり抜けようと動くものだ。多くの場合、経営者をすげ替えない限り、もちろん大株主からも外してガバナンスを刷新しない限り、脱ブラック企業への再生はかなわない。

 厚労省の取り組みを機に、明らかなブラック企業からグレー企業への転身を試みる例が増えるだろう。裏社会で暴対法対象外の半グレが勢力を拡大したように、違法スレスレのグレー企業が跋扈する時代が迫っている――。

 最後に、本連載をお読みくださった読者の皆様に感謝申し上げます。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする