トップ >  メイク・マネー >  企業のブラック化は経営者の「邪心」から 破綻するブラック企業の楽しみ方(12)

企業のブラック化は経営者の「邪心」から 破綻するブラック企業の楽しみ方(12)

第12回(最終回)社員を犠牲にした繁栄はどこまで続くのか?

 本連載はいくつかの破綻事例を取材して、まとめたものである。経営破綻にいたる企業の多くは、どこかブラック体質に蝕まれていた。労務環境が不健全で、改善される見通しがなければ、社員は人生をこの職場に賭けてみようと腰をすえたくとも、すえられない。そんな企業の年間離職率は10%をゆうに上回り、社内の空気がギスギスと荒れ果ててしまう。(経済ジャーナリスト・浅川徳臣)

キャリア設計ができない職場から人は去る


ブラック企業大賞 ワタミ
ブラック企業大賞HPより
 昨今、終身雇用の終焉や組織活性化などを理由に、社員を次々に入れ替えることを是とする経営者は増える一方だ。とくに新興ベンチャー企業に目立つ。だが、いかにもっともらしい経営観を語ろうと、社員はまともにキャリア設計のできない職場からは遠からず去っていく。長期の勤務は人生の無駄遣いなのだ。

 しょせん社員は、経営者が潤うための道具にすぎないのか。経営者の本心は社員に見透かされてしまうのだが、それでも弱肉強食、優勝劣敗を当然視する姿勢に修正の余地などない。このタイプの経営者は仕入先に対しても「出入りさせてやっている」「使ってあげている」と上から目線で、優越的地位の乱用に快楽を覚えている。

 これは経営観に由来するのでなく、たんなる性癖の問題だ。しかし、社員と仕入先の犠牲の上に成りたつ経営がどこまで続くのだろうか。悪運の強い経営者がふてぶてしく社業を保ち続けているのは事実だが、代替わりをすれば大方、社業は転落を余儀なくされる。まさしく因果応報である。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする