トップ >  ニュース >  ローラさん父の海外医療費の不正問題で制度見直しも

ローラさん父の海外医療費の不正問題で制度見直しも

 23日の参院予算委員会で、タレントのローラさんの父親が海外医療費の不正受給して国際指名手配されている問題が話題となった。海外医療費の不正問題について、田村憲久厚労相は「不正防止できるよう体制を組まなければならないし、ノウハウ持つ企業や警察にも連携するなど不正事案をしっかり取り締まることができるようにしたい」と述べた。片山さつき委員(自民)の質問に答弁した。

 海外で支払った医療費が還付される国民健康保険の海外療養費制度を悪用して不正受給する方法を指南したとして、警視庁がローラさんの父ジュリップ容疑者を指名手配したのが5月だが、これまでにも中国人らが不正に手を染めるケースも指摘されてきた。

 この制度は、海外で急病などにかかった歳に支払った治療費を、国民健康保険加入者であれば、帰国後の申請によって一部給付されるというものだ。海外の医療機関で発行された診察内容明細書と領収書などの書類が必要となる。

 実際には少額であったり、手口が巧妙化しており、日本の税関なども追いついていなかったのが現状だ。


ローラ
ローラさん
 片山氏は「有名芸能人の父親のバンクラデシュ人」と名指しこそしなかったが一例として質問で取り上げ、また中国人などのように「毎月のように関西では中国人がビサで入って健保に入って払い戻している。制度自体に無理があるし、正直者がバカを見ている」と指摘した。

 「100万円の海外の手術ならば70万円もらえる。中国の所得は日本の13分の1、これで1年間暮らせるし、そういうシンジケートができている。今の入管や地方自治体がチェックするのは無理。日本はやり放題」とも続けた。

 田村厚労相は「不正防止の体制を組み、制度の見直しもしてまいりたい」とした。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする