トップ >  ニュース >  米富裕層の寄付が少ない理由「金持ちではない」

米富裕層の寄付が少ない理由「金持ちではない」

 金持ちは一般層よりもなぜ寄付が少ないのか、その答えが米国で明らかになった。「U.S. Trust」がこのたび発表した資料によると、寄付に熱心でなかった富裕層の4割が「寄付するだけの十分なお金を持っていない」と考えていることが判明した。

中流階級は寄付に寛大

 寄付金額が少ないことは、米国の慈善団体「the chronicle of philathoropy」が毎年発表する報告書の中で発表されていた。まず、2012年の1年間で全米で寄付金額は総額1358億ドルに上った。

 寄付者の中央値は年収5万4783ドル、寄付額2564ドル、収入に占める割合は4.7%という結果が出ている。

 階層を3つの所得層に分類しているのだが、最も上のカテゴリーである収入20万ドル以上の人は収入に占める割合が4.2%にとどまる。また、10万ドル以上の人も同様に4.2%だった。最も下の階層に位置づけられている5万~9万9999ドルの人が6.0%と最も高くなった。下は、平均寄付金額と、平均年収と、合計寄付金額を比べてみた。

          平均寄付 平均年収 合計寄付金(単位:ドル)
 
20万以上     1万4088 33万9323  396万5244

5万~9.99万    2047  3万3985   1932万2251


寄付
 これを見る限りにおいて、中流階級は寄付に対して寛大だが、高所得者層は寛大ではないということが結果に出ている。

 もちろん収入以外にもユタ州などのように、宗教的な理由から7%以上の寄付を行う特別な州もあるが、マサチューセッツ州、ニューイングランド州など3%未満の州もあり、収入だけでは図ることは難しい。毎年、ほぼ同じような傾向となっており、理由は明らかにされていないままだった。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする