トップ >  ニュース >  10カ月考えた申告漏れの言い訳は「植毛」

10カ月考えた申告漏れの言い訳は「植毛」

 10カ月以上もかけて考えた申告漏れの言い訳が「植毛」だった。

 名古屋国税局から7500万円の申告漏れを指摘されていた、プロ野球解説者でタレントの坂東英二さん(73)が10日、大阪市内で緊急記者会見を行ったが、「申告漏れ」を「植毛」にすり替えることに、とりあえず成功した会見だった。

 「記者から報告を受けたデスクが、笑っていましたね。予想もしないようなまさかのネタでしたから」と、前日の様子を知る関西の記者は語る。

 野球人らしく日本シリーズを避けた上で、ほとぼりも冷めた、ワイドショーの生中継の放送もない日曜日に、しかも東京を離れた大阪で緊急記者会見を行う姑息さ? は選んだ舞台にぴったりだった。

 楽天の星野仙一監督とも仲が良く、楽天特需にありつけなかったが、申告漏れの熱を冷ますには籠っているしか方法はなかった。

 会見では最初に謝罪し、国税当局とは見解の相違であったことを述べた。そして質問では、何について見解が相違していたのか尋ねられると、「植毛」という答えが出たのだという。

 「この20年くらい植毛をしてきました。カツラも経費が落ちるので、植毛も落ちるかと思っていました」という風に答えたのだという。

 「笑いを狙ったかどうかはともかく、会場から笑いもなく、報道陣はまさかの答えにあっ気に取られていたようです」(前出記者)

 原稿を考えながら会見に臨む記者にとっては、あっ気に取られながらも、見出しができた、という感覚は同時にわいてきたことは想像に難くない。翌朝のスポーツ紙各紙の見出しは「植毛」が踊っていた。とりあえず、切り抜けた坂東さんの勝ちということか。

 植毛でそれだけ高額の費用が必要かどうかは判然としないが、会見には、代理人も同席し、外注費の架空請求などの事実はないことも明らかにしたようだが、釈然としないものは残ったようだった。

 どうにか釈明の会見を乗り切ったが、今後の仕事についてはまだ予定はないという。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする