トップ >  メイク・マネー >  年収1000万円の人向け儲かる新築マンション

年収1000万円の人向け儲かる新築マンション

狙うのは「地位、駅近、タワー」

 ここで、実際にマンション購入から10年で売却までのシュミレーションをしてみる。

1 仮にマンションを新築価格5000万円で購入したとして、購入時の頭金が1000万円。

・新築購入時の元本 5000万円
・頭金       1000万円
・購入時の元本   4000万円

2 月々17万円(元本11.4万円、金利5.6万円)を返済し、10年間の元本返済額は合計で1368万円となる。頭金1000万円とを合わせて
2365万円分を支払ったことになる。

・元本の減少分   1365万円
・頭金       1000万円

3 売却は5000万円で行い、これまで支払った頭金とローンを差し引けば元本は2635万円になる。

・中古売却価格   5000万円
・売却時の元本   2635万円

 最初に支払った金額は1000万円で、10年後に手元に残る資金は2635万円になる(税金など諸費用は別。毎年100万円以上の利益を出していることになる。こうした利益を出す可能性がある条件を関係者は次のように言う。
 
 「地位(ぢぐらい)の高い有名アドレス、駅近、大規模物件が最も確実です」

 言わんとするのは、高級住宅地などブランドのある地名の駅から徒歩5分以内で、ランドマーク性の高いタワーマンションを選べば、まずは間違いが少ないということだ。「自分が買える物件ではなく、売れる物件を買うべきです」(同)という。

 タワーマンションとは、明確な定義はないものの、「業界的には20階建て以上を我々の間では、そう呼んでいます」とは大手デベロッパー営業マン。その上で駅近物件と言えば、それなりに絞られてくる。

 また、タワーの場合は売却の際に「買い手が内見しに来た場合、開口部が広く見栄えも良いために、実際に1割、2割高く売れた、という話もあります」というのだ。やはり、そのうえで平均的な間取りを選べばよいということか。次ページでエリアを見てみる。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする