トップ >  ニュース >  伊アップルに脱税調査か? 節税に埋まる外堀

伊アップルに脱税調査か? 節税に埋まる外堀

 米アップルに対して、イタリアの税務当局が脱税の疑いがあると見て調査対象にしていることが13日、米WSJが伝えた。複数の事情に詳しい関係者が明らかにしたという。


アップル
ミラノのアップルストア
 WSJによると、イタリアのレスプレッソ誌は、アップルイタリアが2010年に約2億600万ユーロ、11年に8億5300ユーロの税申告をそれぞれ怠った疑いがあると報じているそうだ。現段階では起訴はされていない。

 イタリアでは先日、アップルをはじめ、アマゾン、グーグルなどのグローバル企業に対して
イタリア国内で納税をする義務を課す法案が国会に提出されたばかりだ。

 これらのグローバル企業はパテントボックスと言われる知的財産に絡む所得による利益について所得控除や低税率を導入する優遇政策を巧みに利用している。

 同税率が低い国としては、ベルギー6.8%、ハンガリー9.5%、ルクセンブルク5.76%、オランダ5.0%などがある。

 例えばアップルは、アップルオペレーションズインターナショナル(AOI)、アップルセールスインターナショナル(ASI)、ブレイバーンキャピタルの子会社3社を利用して節税していることが米下院の調査で明らかにされた。

 このようにすでに全容は明らかにされてきており、今後はどのように課税していくか具体的な国際協調が現在では取られている。

 先日の衆院予算委員会で、麻生太郎財務相兼副総理が「G8蔵相会議で日本から提案しました。これは脱税ではなく節税。でも、認めているのは、俺たち大蔵大臣が悪いんだ、と言いました。これにはドイツ、イギリスが飛びついてきたんです。いま、OECD租税委員会の委員長(選挙で選ばれる)は、(日本の)財務省の総括審議官がやっています。これは、気合い入れてやらないかんと思っています」と答弁で明かしてもいる。

 まずはイタリアで動き出したが、今後はグローバル企業の租税回避策は、どんどんと外堀を埋められていくことになるか。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする