トップ >  ニュース >  「高収入ほど野菜食べる」が各国で証明される

「高収入ほど野菜食べる」が各国で証明される

 厚生労働省が発表の「国民健康・栄養調査」によると、世帯収入が低い世帯ほど野菜摂取量が少ないということが判明している。

 毎年実施されているが、無作為抽出した300単位区内から有効回答3412世帯を集計した。普段生鮮食品を入手している人のうち、この1年間に生鮮食品の入手を控えたり、入手できなかった理由として、「価格が高い」と回答した人の割合が30.4%と最も高く、20~40歳代では4割以上になった。

 ◆年収別の摂取量(単位はグラム/1日)
・200万円未満        男258.7、女266.5
・200万円以上~600万円未満  男266.0、女271.2
・600万円以上        男283.4、女283.4
 ※有効回答3021世帯(200未満716、200~600未満1652人、600以上653人)。

 話は先に進むが、糖分・脂肪分が高いものはアンチエイジングには大敵だとされてり、ベストセラー「フォーエバーヤング」の著書である米国の皮膚科医ヒコラス・ペリオン氏が、挙げる老化を防ぐ5品目のうち緑黄色野菜が3つを占めている。

・スウィートポテト(βカロチンなど)
肌のPHバランスを整え、乾燥を防ぐ
・ワイルドサーモン(アスタキサンチンなど)
赤い色素を形成するアスタキサンチンは、細胞の損傷を修復する
・トマト(リコピンなど)
良く知られる抗酸化物質だが、オリーブオイルとともに
食することで吸収しやすくなる
・シトラスフルーツ(ビタミンCなど)
コラーゲンが豊富で、紫外線から肌を守る。
・ホウレンソウ(βカロチンなど)
炎症やシワから肌を守る

 今回挙げた日米独3カ国の調査では、収入とアンチエイジングの関連性は調べてはいないが、食物から十分に関係がありそうだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする