トップ >  ニュース >  「高収入ほど野菜食べる」が各国で証明される

「高収入ほど野菜食べる」が各国で証明される

 ドイツでダイエットと経済的・社会的な地位との関係を調査した論文「Dietary Behaviour and Socioeconomic Position: The Role of Physical Activity Patterns」の結果が発表され、地位が低いほど砂糖・脂肪を多く含む食品を摂取し、果物・野菜は逆に低く、さらにアルコール摂取量も多いということが明らかになった。

 これまで様々なところで同様の調査結果が出ているが、ドイツでもそれが裏付けられたこともになる。18~79歳までの男女合計6767人を聞き取り調査によって結果をまとめたもので、以下の四つのよく摂取する食品と、年齢、地域、職業、収入などの影響因子を合わせて調べた。

・砂糖を多く含む食品
・脂肪を多く含む食品
・果物&野菜
・アルコール摂取



 結果としては、教育程度が最も低いグループ男女は最上位グループ男女よりも、砂糖・脂肪の摂取が多く、またアルコール摂取量が多かった。それと同時に果物・野菜が少ないという結果が出た。

 また、その一因として、教育程度が最下位のグループは身体的な作業をともなう職業も多く、高カロリーな食事を摂取する傾向があるともしている。それは家族にも波及する傾向にあり、その子供の同じようになるという。さらに、年齢が高齢となっても、傾向はあまり変わることがないそうだ。

 ちなみに、先日、米ブルームバーグビジネスウィークが米農務省のデータを基にして、ポジショニングマップを作成している。これは、カロリーや糖分の高い食べ物、緑黄色野菜などの低カロリーな食べ物と収入との相関関係を示すものだ。

 高卒以下で低収入層は、動物性脂、米、豆、トウモロコシ、牛乳(全乳)、オレンジなどを食する傾向にある。それに対して、大卒高収入層は1%ミルク(乳脂肪1%削減)、ニンジン、ブロッコリーなどの野菜類を食べている。
高収入ほど野菜を食べる
ブルムバーグビジネスウィーク電子版より

 ドイツ、米国と来て、日本でも同じような結果が出ている。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする