トップ >  ニュース >  「富裕層叩きはやめよう」ロンドン市長が寄稿

「富裕層叩きはやめよう」ロンドン市長が寄稿

 富裕層に対しての意見は大きな斑紋を広げることが多いが、今度は英ロンドン市長のボリス・ジョンソン氏が先日、英テレグラフに寄稿し反響を呼んでいる。「わたしはスーパーリッチに感謝している」という擁護する内容。ロンドンでは、収入の上位1%が、税金全体の29.8%の納税を行っているという現状を踏まえたものだ。


ボリス・ジョンソン
ボリス・ジョンソン市長
 約153万人の富裕層を抱える英国。米国、日本、仏、独に次いで富裕層人口では世界で5番目の地位にある。ロンドンでも、世界中から富裕層が待望する居住地でもあり、外国人が不動産を物色している。

 そうした状況から、ジョンソン市長は「わたしはスーパーリッチに感謝している」「スーパーリッチ叩きをするつもりはない」として、テレグラフに寄稿した。

 英国の所得税率の最高税率は2011年1月から45%から50%に上昇した。また、2011年から付加価値税を17.5%から20%に引き上げてもいる。高額所得者にとっては、NY、香港などよりも生活の負担は大きいともされている。所得税増税に備えて、2010年の年末には、大手ヘッジファンドのブルークレストの社員たちが、スイスに大量に移ったこともあった。

 「わたしは、ホームレス、不祥事を起こした元国会議員、元ギャングやアイルランドの旅行者からすべての人に対して公平でなければならない」と自らの立場を語った上で、スーパーリッチの様子について「英国はキャメロン政権になってから、一つの当惑が残っている。プライベートジェットで飛んだり、18歳になった子供にマクラーレンをプレゼントしたり、彼らがジャーミンストリートで買い物をする時に、2度同じシャツを着ているところを見たことがない。犬の首輪はカルティエ。こうした様子がFT紙で取り上げられる」と描写する。

 だが、 ジョンソン氏は「スーパーリッチはロンドンではマイノリティだ」と前置きしながら、ロンドンでは所得上位1%が、税金全体の29.8%の納税を行っているという現状がある。さらに、上位0.1%に限れば十数%を収めている。

 「私たちは、バッシングはやめて、日ごろの多大な納税や消費に対して、そろそろ感謝の気持ちを現す時期に来ているのではないか。そのおかげで私たちは医療や診療を受けることができたり、道路、学校や鉄道などの整備をすることもできるのだから」と擁護する。

 「スーパーリッチに対する嫉妬心を抱いたりすることはもうやめるべきだ。彼らはお金を持っていること以外には、他の人と何ら変わりはない。私が20年使っている古いトヨタ車とメルセデスでも、走るという点では変わらないように」とした。

 各国ともに財源不足で、負担の押し付け合いが起きる中で、富裕層に対する風当たりも強くなるばかり。ロンドンでもかなりの高負担を強いており、ジョンソン市長もこれ以上のバッシングを止めたいとの思惑があったことだろう。

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする