トップ >  メイク・マネー >  相続税60億円と17億円、戸田建設創業家の危機

相続税60億円と17億円、戸田建設創業家の危機

変わる一族支配

 昨年、福証上場の大手スーパー「マルキョウ」で、斉田弥太郎会長が亡くなり、キミヨ夫人が相続。普段は出来高も少ない同社株だが、相続決定により株価は暴落した。市場はM&Aを密かに期待していたのだが、結局普通の相続に終わったことで株価が落ち着いたわけだ。今年に入ってから、私鉄大手の西日本鉄道と資本提携を行うなどの動きがあった。

 小売業界はM&Aが盛んに行われているが、ゼネコン業界についても今後はどう転ぶかわからない。大手は良いが準大手などが将来を見越しての資本提携の可能性もあると見る向きはある。

 前出の業界関係者は「死に体だったところに、2020年、東京五輪決定で公共工事需要が来たのですが、あくまでも一時的なものだと心の中では皆、思っています。その先のビジョンのあるトップがいるかと言われると、いません。今後は(業界再編も)ないこともないでしょう」という。

 さらに「ゼネコンの受注というのは、基本的には過去実績で決まります。さらに、長年の付き合いが大切であり、創業家という縁が関係してくると言われています。また、創業家支配が続くのは、だいたいどこでも、『中興の祖』と言われるような人がいて、その流れが続いているということもあります。ただ、もう時代があまりにも変わりすぎています」と、不安を口にする。

 ゼネコンと言えば創業者支配が最も長く続く業界だが、400年以上続いた一族支配の代表格の竹中工務店も脱創業家になった。

 守二氏が死去した6月以降、株価はジリジリと不気味な上昇を続けている。途中で五輪決定の要素もあるが、マルキョウの際のように何らかの期待を持っているかのようだ。戸田建設の相続は色々な方面から注目されている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする