トップ >  ニュース >  新規ヘッジファンドは優秀も、最初の1年は22%が損失

新規ヘッジファンドは優秀も、最初の1年は22%が損失

 英調査会社プレキンの調べによると、2007年以降に開始したヘッジファンドは、最初の3年間の平均年利が8.80%で、従来からあるファンドの5.38%よりも平均的に上回っていたことがわかった。しかし、最初の1年間は不安定でボラティリティが大きく、大損も覚悟しなければならず、その点を我慢できるかどうかに資産運用の成否がかかっている、とも言えそうだ。

 2012年は新規に設定されたヘッジファンドが調査開始以来で最高となり、274人のファンドマネージャーが新規でスタートした。今年2013年に入ってからも数が多く、11月15日時点において、231人がスタートしており、昨年よりは若干少ない程度の水準になる見通しだという。地域では北米が70%と最多だった。

 運用資産総額の規模は1億~2億4900万ドルが40%と最も多く、それ以下で全体の60%以上を占めた。中には、10億ドル以上の規模も12%あった。

 さて、リターンの方だが、新規ファンドと既存ファンドの主な戦略別の2007年以降のリターンを次に見てみることにする。6つの戦略の中で、新規が負けたマルチのみという結果が現れた。それも、わずか0.04ポイント差の負けだった。
 
  戦略      新規   既存

ロング&ショート  8.80%  5.38%

イベントドリブン  10.45%  6.98%

CTA       2.30%  0.05%

リラティブバリュー 7.48%  6.10%

マクロ       5.49%  3.90%

マルチ       7.51%  7.55%
ヘッジファンド
(プレキン公式HPより)
 新規スタートのヘッジファンドが、既存のそれよりも優秀なスタートを切っていたことが十分にわかるだろう。

 ただし、新規の22%はマイナスになる。つまり5人に1人はマイナスという点で、最初の1年を多めに見ることができるかどうかが、投資家の我慢のしどころと言えるだろう。

 プレキンは「最初の3年の初期パフォーマンスは重要で、基礎を形成し、投資家からの追加を受けるかどうかの判断材料になる」としている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする