トップ >  ニュース >  これが30年後の自分の姿? 危険な「70代老人の投資」

これが30年後の自分の姿? 危険な「70代老人の投資」

 フィデリティ退職・投資教育研究所が先日、70歳代の投資家に焦点を当てた調査「年齢を感じさせない70代投資家の隠れた課題」を発表した。ゆかしメディアの主要な読者層である3、40代の現役世代にとっては今すぐに直接関係ないものの、遠い将来の教訓としてデータを読み取ってみることにした。

 この調査は全国20~79歳までの3297人を対象にした。全体の中で70代は545人で、男性10.8%、女性5.6%だった。保有資産の平均は、70代男性で2250万円、女性で2837万円となっており、少し女性が高め。70代を対象とした調査結果は珍しいが、いくつかの教訓も見えてくる。

 昨年後半からの日本株上昇の中にあっても、「評価損を抱えている」と回答した人は、男性57.4%、女性55.4%となった。なぜか、若い世代の方が成績が良いようだ。
投資信託 資産運用
 では、なぜ投資するか、その目的だが「老後のための資産形成」が全体で47.0%と高い。「年金以外の生活費が必要になっているため」が32.1%で、約8割が退職後の生活保全のために行っていることがわかる。つまり、現役世代は後悔する前に、しっかりと準備をしておかなくてはならないということになる。

 「週刊現代」で「70歳を過ぎてからのビンボーはこんなに怖い」などの特集も組まれるなど、老後は甘くないという例が示されている。

 しかし、投資したきっかけだが、女性は「第三者に勧められるまま」と回答した人が12.4%となり、実に8人に1人の割合だ。
投資信託 資産運用
 先日、三菱東京UFJ銀行の行員2人が、79歳の資産家女性を相手に、ブックメーカー投資をうたう「スピーシー」に勧誘を行い、最終的に4億円を出資させたという、出来事があったと伝えられたばかり。これなどもまさに、第三者に勧められるまま、というケースの典型なのだろう。

 投資志向としても男女で差があって、男性は日本株、女性は毎月分散型投資信託が多い。値上がり重視か、分配金重視かという価値観の違いからこうした投資対象の差が生まれている。スピーシーなどのような破綻した投資対象も、毎月分配金が受け取れるタイプのものだった。

 女性は43.5%が毎月分配型投資信託を保有していた。これは平均よりも13ポイント高い。

 とにかく、70歳になってからの投資の目的が「老後のため」というものでは、行く末が心許ない。やはり、働くことができる今のうちから何らかの投資をするなど対策を行っておく方が良いだろう。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする