トップ >  メイク・マネー >  3億円よりも「株主優待」、桐谷広人さんの投資

3億円よりも「株主優待」、桐谷広人さんの投資

株主優待合わせて利回りは6%

 桐谷さんの現在の配当利回りは優待を合わせて6%程度だという。株式の時価から考えればかなりのものになるだろう。

 優待券やギフト券を入れる箱、さらには、持ち歩くカードケースなどもにはギッシリとそれらが詰まっている。優待には投資家の間でも賛否両論があるが、それではなぜ、そんなに株主優待が良いのだろうか。

 「信用取引もやりましたが、何年かに1回は暴落します。だから優待に切り替えたのですが、株価の値上がりを狙うのは狩猟するようなもの。配当や優待は農業のようなもの。肥沃な土地に(配当や優待が)実るのを待つのが自分には合っています」


株主優待 桐谷広人
部屋に積まれた段ボールの中からは優待が
 ちなみに、食品メーカーのカゴメは当初は約6500人だった株主数が、株主優待をスタートしてから現在では約17万人にも増加した。100株で1000円相当の商品、1000株で3000円相当の商品がそれぞれ年2回届く。配当利回り自体は現在、1%少々と低いのだが、なぜか人気なのだ。それでも株主は喜び、そして会社側にとっても利益につながる好例でもある。

 「株主優待は会社にとってもメリットがあるんです。例えば、お米を優待にしている会社も多いのですが、主婦はお米を欲しがりますから。同じ送るにしても、80円で送れるクオカードと比べてもたいへんなはずなのですが」

 桐谷さんの保有株は現在、株価は値上がりをしているものの、優待を持っていることで、「愛着もあるので売れない」ともいう。それが、現在でも(優待目的で)約400銘柄を保有している理由の一つでもある。

 そして、優待投資家となったことが、棋士時代にも経験できなかったほどの脚光を浴びる瞬間を訪れさせることになる。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする