トップ >  ニュース >  米大学学長の報酬ランキング、1位シカゴ大3.5億円

米大学学長の報酬ランキング、1位シカゴ大3.5億円

 米教育専門紙クロニクル・オブ・ハイヤー・エデュケーションがまとめた、米大学学長の年間報酬ランキング(2011年分)で、100万ドル超は42人で、前回の36人から増加した。1位はシカゴ大のロバート・ジマー氏の335万ドル(約3億5000万円)だった。


シカゴ大学
シカゴ大ジマー学長
 ジマー学長の年間報酬は335万ドルで3億円超。ベース給与分は27.3%で、給与やボーナスではない、その他の収入が163万ドルと約5割を占めた。前年(2010年)よりも150%以上の増額となっている。オバマ大統領をはじめ有力OBを多数輩出し、これまでに87人のノーベル賞受賞者を輩出してもいる。

 また、シカゴ大は他大学と違い、投資の最高責任者であるチーフインベストメントオフィサーの報酬がかなり高く、241万ドルとなっている。成果報酬部分のボーナスが129万ドルと半分以上を占めた。

1 ロバート・ジマー  シカゴ      335万ドル 27.3%
2 ジョセフ・アウロン ノースウエスタン 312万ドル 21.6%
3 デニス・マーレー  マリスト     268万ドル 16.1%
4 リー・ボリンジャー コロンビア    232万ドル 42.5%
5 ローレンス・バコウ タフツ      222万ドル 16.8%
6 エミー・ガットマン ペンシルベニア  209万ドル 51.5%
7 アンソニー・カタネセ フロリダ工科  188万ドル 27.3%
8 エッシャー・バラゾン チャタム    181万ドル 15.7%
9 アン・ジャクソン  レンセラー工科  175万ドル 52.6%
10 リチャード・レビン イェール     165万ドル 63.6%

 2位アウロン学長、3位マーレー学長は長期の就任に対しての報酬で高ランクとなった。コロンビア、イェールなどのアイビーはベースサラリー部分の比率が高くなっていることもわかる。

 また、一方、日本の大学は文科省が公開している国立大学の学長の年間報酬によると、次のようになる。

1 東京  2258万円
2 京都  2122万円
3 名古屋 2068万円
4 筑波  2027万円
5 九州  1991万円
6 一橋  1986万円
7 東京医科歯科 1960万円
8 東北  1957万円
9 大阪  1955万円
10 東京工 1928万円

 平均で1646万円となるが、1億円超えはなく、各大学ともに大差はない。一方で、私立大学は公表していないため、わからないが、慶応、早稲田などの有力大学で45歳教授クラスで1000万円超。学長や学部長クラスであ2000万円クラスになるとも言われている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする