トップ >  ニュース >  JPモルガンも若手バンカーに休日を検討

JPモルガンも若手バンカーに休日を検討

 米投資銀行ゴールドマン・サックスグループが、若手のバンカーに対して休日出勤を禁止するなどの労働環境改善に取り組むことを検討するようになったが、今度はJPモルガンが同様の休日出勤禁止を検討していることが、米ニューヨーカー誌などの報道でわかった。


JPモルガン ジェイミー・ダイモン
JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEO
 休日出勤や夜通し勤務によって、1週間で100時間を超えることもザラである、若手バンカーたちの労働環境を改善しようというのが目的。

 ゴールドマンが検討したことが大きな要因の一つのようで、今後はウォール街全体に広がっていくのかもしれない。

 理由としては、表向きには労働環境の改善が挙げられるだろう。ただし、もうひとつの目的としては、一人前となった時点で、同業他社やヘッジファンド、プライベートエクイティ(PE)に移籍するなど、新たな人材獲得コストもかかるようになるという点もあるだろう。また、M&Aの規模が縮小するなどしており、コスト削減にもつながる。

 業界的には入社1~3年目のアナリストで、おおむね600万円~1000万円程度の年収額となる。そして、アソシエイトになると、1200万円~2000万円程度。30代半ばまでに生涯年収くらいの○○億円を稼ぎきってしまう、というイメージとなる。ゴールドマンでは「せめて年収7000万円いかなければ、一人前ではない」と言われることもあるそうだ。

 ということは、バイスプレジデントやシニアバンカーたちにも、指示の削減などが義務付けられるようになるのだろうか。

 かつて、リーマン・ブラザーズのCFOだったエリン・カラン氏が、米NYタイムズに「仕事以外の生活がありますか?」と寄稿。その中で、「そもそも、わたしは仕事にすべてをささげるという目標でスタートはしていません」と書いて話題を呼んだこともあった。引退した現在は「わたしにはもうブラックベリーは必要ない」ともしていた。

 今回の労働環境改善については、儲けのためのコスト削減なのか、ジュニアバンカーたちのためなのか、どちらかはわからない。

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする