トップ >  ニュース >  投資マンション・デート商法、白衣の天使狙う「詐欺師の進化」

投資マンション・デート商法、白衣の天使狙う「詐欺師の進化」

 独立行政法人「国民生活センター」はこのたび、年々増加している投資マンション詐欺について「婚活サイトなどで知り合った相手から勧誘される投資用マンション販売に注意!!-ハンコを押す相手は信ジラレマスカ?-」と題して、消費者や投資家に対して、注意喚起を行った。この被害増加の背景には、「詐欺師」の進化がある。

 同センターによると、相談件数は2013年度はすでに42件で12年度の26件を大幅に上回っており、年々倍増の傾向にある。さらに特筆すべきは、30歳代の女性の相談件数が多くなっている点だ。女性被害が男性を大きく上回る結果となった。また、一人当たりの被害額は平均約3012万円で、通常の消費相談(12年度143万円)よりもはるかに高額となっている。

 次のような実例が紹介されている。

 ◆30代女性 婚活サイトで知り合った男性に「君はマンション投資に向いている」と言われた。後日、男性の職場に源泉徴収票を持参して言った。そこで「節税対策、年金の足しにもなる。家賃保証もあって借り手がいなくても大丈夫」と言われた。融資の手続きを銀行で行ったが、その後は男性とは会えていない。

 ◆30代男性 婚活パーティーで知り合った女性に、2700万円の賃貸中古マンションを購入。女性を信用して相場価格を調べていなかったが、後日、別の業者に聞くと約1000万円も高く買っていたことが判明した。

 ◆30代女性 婚活サイトで知り合った男性と数回会い、節税の話に。購入を勧められ、「価格が急に下がることはない」と言われ、購入。デート商法だと気が付かずに、そのうち男性との連絡も途絶えた。売却のために見積もりを取ったた、市場価値の半分程度とわかった。

 婚活パーティーや、出会い系サイト、ミクシィなどのSNSなどで相手を物色して接触。
最初はマンションの話をせずに将来の話をする。そして、自分自身のことを、FP、投資コンサルタントなどと自称して、節税、年金代わりなどの話をして契約にまで至る。デート商法だと気づかせないのがキモで、そのため万が一契約してしまっても解約期限を過ぎているという場合がほとんどだ。

 同センターの発表には、詳細はないが、こうした手口はM社などの具体的な業者名はすでに知られている。

 行き当たりばったりではなく、30代の看護師、アパレルなど平日の休みが多い職業を中心に狙っていることも明らかになっている。これは休日に一人になりやすく、また、マンション購入にあたってローンを組むことができるなど、目的にぴったり合うからだ。

 また、営業人員には、容姿と話術に長けた人物があてがわれ、その多くが完全歩合制で「営業」をかけている。そして、自身のことをFPなどと称して、相手の経済状況や家庭状況などを細かく聞き出し、様々な対策を練っている。

 元々、話術に長けているため、途中で気がつくのは難しいのだが、マンション購入の話を切り出された時点で、いかに断ることができるかどうか。しかし、事情通によれば、「結婚目的」の2人がそれまで何度も会って、かなり打ち解けており、将来の話までしているため、気が付かない場合も多いのだという。

 詐欺師は、常に進化している。
投資マンション 詐欺

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする