トップ >  クオリティライフ >  借金漬け「司法修習生」の貸与制への怒り

借金漬け「司法修習生」の貸与制への怒り

不人気職種に東大法学部定員割れも

 ちなみに以下は国税庁が公表した2011年分の弁護士の年収だ。申告者2万7094人。

70万円以下  5714人
100万円以下 295人
150万円以下 424人
200万円以下 502人
250万円以下 544人
300万円以下 608人
400万円以下 1534人
500万円以下 1596人
600万円以下 1555人
700万円以下 1542人
800万円以下 1353人
1000万円以下 2186人
1200万円以下 1665人
1500万円以下 1816人
2000万円以下 1932人
3000万円以下 1791人
5000万円以下 1152人
1億円以下  639人
2億円以下  194人
5億円以下  38人
10億円以下  13人
20億円以下  0人
50億円以下  1人


司法修習生
 年収にすれば、1000万円以上も多い。しかし、70万円以下も全体の20%分布するなど、厳しい面もある。法曹界では「依頼人の顔が金にしか見えなくなったら終わり」とも言われるが、修習生の時からの借金スタートはその後の弁護士人生に大きな影を落とすかもしれない。

 ちなみに、こうした現状も一つの要因なのだろうか、東京大学法学部が定員割れしている。東大は、文科I類からの受け入れ枠という意味で入試ではない。定員118人に対し113人にしか志望者がいなかった。

 もちろん、入試からしてもそうだ。東大13年度入試では、文1の倍率が2.92倍と
低いものとなり、13年ぶりにセンター試験の足切りがなかったのだ。慶応大、中央大など主要大学の法学部の偏差値もダウンしている。また、ロースクールの入学者も半分ほどに減少している。

東京大文1 70 変わらず
慶應義塾大 66 2ポイント減
中央大  62.5 5ポイント減
京都大  65  2.5ポイント減
早稲田大 65  5ポイント減
(河合塾調べ、2011年度からの推移)

ロースクール志願者推移
    定員  入学者
2004年 5590人 5756人

2013年 4261人 2698人

 借金漬けにすることで、一方で、行きすぎた弁護士数増加に抑止となり歯止めはかかるが、今回の訴訟で新65期の10%以上が原告になったことが問題の大きさを物語る。B弁護士は「この理不尽に対して、貸与制度第1期のわたしたち新65期が声を上げなければ、貸与制を受け入れてしまったと取られかねない。だから声をあげるのは私たち新65期しかない」と話していた。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする