トップ >  クオリティライフ >  借金漬け「司法修習生」の貸与制への怒り

借金漬け「司法修習生」の貸与制への怒り

 司法修習生の給費制が廃止され、貸与制に移行したのは違憲だとして、新65期弁護士が国を相手に国家賠償請求を求めた訴訟の第1回口頭弁論が29日、東京地裁で行われた。同じ訴訟は各地で行われている。国は争う姿勢を見せている。

 修習生は司法試験の合格後に1年間の修習を行う。その際は以前は給与として64年の間、お金が支払われていたが、新65期からは給与ではなく、金を貸すという制度に形に変わった。もちろん、副業はいっさい禁止されている。ちなみに原告団の1人であるA弁護士の生々しい実態を見てみる。

◆原告A弁護士の借金
 予備校1年間 100万円
 国立大4年間 240万円
 司法試験予備校 100万円(3年間)
 私立法科大学院 300万円
 司法修習生貸与金 300万円

 地方の国立大を出たが、その後は上京し1000万円以上の借金を負った。もちろん、その他の生活費などは別だ。準公務員の身分だが、公務員共済組合の保険にも加入できないなど、様々な難点がある。では、貸与制の内訳はどのようなものか。

・連帯保証人を2人集める。集められない場合はオリエントコーポレーションと契約する
・貸与額は月額18万円、25万円、28万円からいずれかを選ぶ
・修習生が終わって5年後から返済を開始し、10年で返済する

 日弁連の統計では、修習生85%が貸与を受けている。無利子なのだが、原告A弁護士は1000万円を超える借金を背負っており、また、別の原告B弁護士は合計で1500万円の借金があるそうだ。第6希望まで赴任希望地を選ぶことができるが、遠隔地などに行けば、交通費や家賃などまた、就職活動の交通費も含め様々な費用がかかる。弁護士の低年収化、さらには就職難で返済さえもままならない。そのため、修習生の28%が修習の辞退を考えたというほどだ。ちなみに、貸与金が返済できない場合は自己破産、そうなれば弁護士資格を失うという。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする