トップ >  メイク・マネー >  浅田真央、破産危機乗り越えた実家と、姿を消した父

浅田真央、破産危機乗り越えた実家と、姿を消した父

父親とは家に金を運ぶ存在に

 フィギュア関係者は「フィギュアを始めるきっかけは母親が作る家庭がほとんどです。父親がスケート場についていくのも最初のうちだけで、そのうち、母親と子供だけになっていくのです。世界を目指すには、小学生でも1日3時間以上の練習が必要となります。一日中母親は付きっきりということ珍しくありません。父親は段々、お金を家に運ぶだけの存在になっていきます」という。

 父親は家長であるが、主役になってはいけない。お金を家に運ぶ役割を黙ってこなすことができる覚悟があるかどうかが、教育ママと子供を支える力になる。フィギュアに限らず習い事で、実際に、家庭内に不和が起きる例は珍しくはない。

 浅田家の場合はさらに特殊な事情が重なった。実質的に収入を断たれた浅田家の家計は厳しかったのは言うまでもないが、「以前に一部の週刊誌でも出たように、借金も抱えて自己破産寸前だったことを、知っている関係者もいます」と、前出フィギュア関係者もいう。


浅田真央
2005年11月、15歳当時
 真央選手は2005~06年シーズンで、15歳となりGPファイナル制覇。荒川静香選手が金メダルを獲得したトリノ五輪には、年齢制限で出場こそできなかったが、一躍、世界のトップスケーターに。スポンサーも集まり、ようやく経済的に軌道に乗った。キャッシュフローが途絶えれば即終了、そんなギリギリの戦いだったのだ。ここで結果が出なければ、浅田家の挑戦は失敗に終わっていただろう。

 アニメ「巨人の星」の主人公のライバル花形満のように、才能を持ち合わせ、さらに世界的大企業「花形モーターズ」の創業家に生まれるというような奇跡的な要素の組み合わせは、やはり現実の世界には存在しない。

 フィギュアスケートでは世界一の選手層の厚さを誇る日本だが、選手たちの家族の内実は厳しい。すべてを投げ打って挑んだ浅田家のフィギュア挑戦。そこまでしなければ手に入れられない金メダルという大きな壁、ソチの地で「浅田真央」の名が金メダリストとしてとどろくことを、すべての日本人が願っている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする