トップ >  クオリティライフ >  「夫 死んで」! 一番臭いのは「夫の近く」

「夫 死んで」! 一番臭いのは「夫の近く」

 マンダムは、夫婦の関係とニオイの問題の調査「男と女のニオイ白書」を発表し、妻が夫のニオイが気になり始めた年齢は37歳で結婚6年目であることがわかった。また、それに伴い愛情面も変化が起こり、40代から寝室は別々になる割合が高くなったことも判明した。


夫 嫌い
(写真はイメージ)
 この調査は、昨年11月、今年1月に、30~49歳の夫と同居し、かつ夫のニオイが気になることがある25~49歳の妻814人を対象に行った。

 検索キーワードには「夫 死んで」「夫 嫌い」というものが数多いが、毎日ニオイを嗅がされ続ければそうなるだろう。「夫の近く」が実は一番臭い。以下は妻が各質問項目にどう答えているか。

◆夫のニオイが気になりだしたのは結婚後
 妻の75.4%がそのように回答している。

◆夫のニオイが気になり始めたのは結婚6年目
 早い人では結婚直後に気になり、長い人では20年とバラつきがあるものの、平均すると6年となった。

◆ニオイが気になりだした時の夫の年齢は37歳
 最も多かったのは35~39歳で31.9%、全体平均で37歳となった。30~44歳では全体の81.2%となり、この世代で体臭がきつくなってきていることが推察される。

◆夫の近くが一番臭い
 夫の近くが60.9%で最も多く、次いで寝室で48.0%。さらに夫にとってショックなのが、
夫とすれ違う瞬間でさえも22.1%となっていること。
夫 嫌い

◆最もニオイが気になるモノは枕
 枕と枕カバーが82.0%でトップ。次いで寝具57.4%、肌着54.1%、パジャマ54.1%となった。中にはバスタオル19.0%という結果も出ており、スーツやジャケットの15.2%よりも高くなっている。妻が文句を言っている姿が想像できる。

◆体よりも頭が臭い
 夫のニオイはズバり頭から発生しており、頭(後頭部から首)53.8%でトップ。体全体
の28.4%などを大きく引き離している。30、40歳代が最もケアーすべき部位は後頭部や首であることがわかる。妻は言わないだけですでにわかっている。

 さて、同じ布団で寝ている夫婦は、30歳代後半から距離を置くようになり減少する傾向が
ハッキリと表れている。夫は、妻から言われるまでもなく心当たりはないだろうか。

     同じ布団 別の布団 別室
25~29歳 38.2%  34.5%  27.3%
30~34歳 35.8%  44.0%  20.2%
35~39歳 22.6%  51.2%  26.2%
40~44歳 14.1%  45.9%  40.0%

 妻が取る対策としては、夫の衣類や部屋に消臭スプレーをかけたり、夫のいた部屋を換気したり、夫の衣類は別々に洗濯したりしているという。

 あなたの妻も家のパソコンで「夫 死んでほしい」「夫 嫌い」と幾度となく検索しているかもしれない。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする