トップ >  メイク・マネー >  「ただの一発屋の成金」なのか 30代で年収3000万円を実現する(12)

「ただの一発屋の成金」なのか 30代で年収3000万円を実現する(12)

一発屋率は5%くらい?

 300万円⇒1000万円⇒2000万円⇒5000万円⇒0(会社は大赤字)

 他にも、破綻した人、会社を解散した人、年収が激減した人もいます。割合としては感覚的には5%くらいでしょうか。それほど多くはありません。大部分はコンスタントに稼ぎ続けています。

 ただ、失敗したり、業界のルールや法制度の変更などで大きな年収ダウンを経験している人もいます。たとえば、今年が年収3000万円だったのが、翌年には年収1500万円になってしまったりなどです。

 例えば、瞬間風速的な商売というものがあります。一過性の商売でで、ブームに乗って、そのままという方が、一発屋には多いようです。

 他には、一過性のものだけでなく、営業を一手に引き受けていた経営幹部が辞めたことで、顧客が引っこ抜かれて売上激減。単純に年収3000万円の要因が大手の下請けで高額報酬だったのが、元請けに切られたという理由もあります。

 また、業界のルールが変わって、受取報酬のパーセンテージが減って、報酬が減った方もいます。

 そのようなことがあるので、30代年収3000万円の人たちも収入を維持することを意識しています。一発屋ではなく、継続して稼ぎ続けることを考えています。

 そこで、「収入を維持するために、心がけていることはありますか?」と質問したとき、多くの方は「特にない」と答えます。

 「ある」と答えた方の回答は次のようなものがありました。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする