トップ >  メイク・マネー >  東京23区の年収1000万円世帯比率と平均年収

東京23区の年収1000万円世帯比率と平均年収

 世帯年収で1000万円以上の比率が高い順だが、上位3区は平均年収と同じく、千代田区、港区、中央区の順となった。10%以上は15区、残りは一ケタだった。

 件数では、世田谷区、大田区、杉並区、練馬区など成城、田園調布、永福、石神井公園など郊外の高級住宅街を擁する区が多くなる傾向にある。

◆世帯年収1000万円以上比率が高い順
(区 1000万円比率 件数 平均年収)  
・千代田区 24.70% 9230件 788万円

・港区 21.93% 36830件  757万円

・中央区 20.30% 20370件 709万円

・文京区 18.14% 28040件  673万円

・渋谷区 16.95% 28920件  664万円

・世田谷区 16.44% 107510件 649万円

・目黒区 16.37% 35340件  673万円

・杉並区 13.42% 60330件  607万円

・新宿区 12.03% 31570件  573万円

・品川区 11.83% 34470件  593万円

・練馬区 11.49% 52140件  585万円

・豊島区 11.42% 23940件  542万円

・台東区 11.30% 15060件  571万円

・江東区 11.28% 38880件  569万円

・大田区 11.06% 58000件  579万円

・中野区 9.84% 25210件  542万円

・北区 8.46% 22060件 453万円

・墨田区 8.3% 15210件 520万円

・葛飾区 8.29% 24790件 523万円

・荒川区 8.21% 12660件 474万円

・板橋区 8.15% 32460件  514万円

・江戸川区 7.69% 35650件 531万円

・足立区 6.23% 28990件 517万円

 次は生活保護受給率を見てみる。

台東区 4.77%
足立区 3.80%
板橋区 3.43%
墨田区 3.22%
荒川区 3.14%
新宿区 3.07%
北区  2.90%
江戸川区2.89%
葛飾区 2.83%
豊島区 2.46%
大田区 2.32%
練馬区 2.30%
中野区 2.21%
江東区 2.03%
品川区 1.48%
渋谷区 1.43%
千代田区1.40%
杉並区 1.35%
文京区 1.16%
港区  1.09%
世田谷区1.09%
目黒区 1.04%
中央区 0.75%
※東京都福祉保健局、区平均2.33%、平成24年4月現在

 台東区は生活保護受給比率が最も高い。その一方で、名の通った高級住宅地もないが、上野近辺の商業エリアには富裕層も多く、結果として平均年収を押し上げている。

 また、1%未満は中央区のみで、23年4月まで1%未満だった港区、目黒区も1%を超えるようになっている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする