トップ >  ニュース >  ひそかに急増するLGBT長者番付、ドルガバやマイケル・コースも

ひそかに急増するLGBT長者番付、ドルガバやマイケル・コースも

 世界のLGBTの長者番付をフォーブスのランキングから抽出したところ、1位はデビッド・ゲフィン氏で61億ドル(約6200億円)だった。

 LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイ・セクシャル、トランスジェンダーの頭文字を取った言葉で、性的なマイノリティを表す総称として使われている。日本国内でも経済誌で特集が組まれるようになるほどで、週刊東洋経済によると、市場規模は6兆円にも及ぶほどだという。

1 デビッド・ゲフィン     61億ドル
2 ピーター・ティール     22億ドル
3 ジェニファー・プリツキー  18億ドル
4 ドメニコ・ドルチェ     16.5億ドル
4 ステファノ・ガッバーナ   16.5億ドル
6 ジョン・ストライカー    16億ドル
7 マイケル・コース      10億ドル
※敬称略

 大富豪の中には以上の7人が入っており、うちアーティストが4人だ。デビッド・ゲフィン氏は、60年代から音楽界で頭角を粟原わし、イーグルスを世に送り出し、ガンズ&ローゼスなど多数のアーティストを世に送り出す音楽界の重鎮。映画製作会社ドリームワークスの設立にも参画した。ゲイを公言している。

 2位のピーター・ティール氏は、スタンフォード大、スタンフォードロースクール卒でカリフォルニアに地の利を持ち、その後は「ペイパルマフィア」と呼ばれる一人となり、フェイスブックにも最初に出資したVCとしても知られる。過去にニューヨーカー誌で同性愛について「わたしも部外者ではない」と語っている。

 3位のプリツキー氏は、世界初のトランスジェンダー大富豪。米軍で16年間を過ごした。自身が7歳の時に父親が高級ホテルチェーン、ハイアットホテル&リゾーツを起こしており、そのオーナー一族にあたる。

 4位の2人は、ドルチェ&ガッバーナの創業者。近年は脱税の嫌疑が掛り賑わせているが、特に90年代から現在までセレブ女性を虜にして世界中に多くのファンを持つ。

 6位のストライカー氏は、LGBTの権利を守ることを目的とする「アーカスファウンデーション」を設立し運営する。

 7位のコース氏は、マイケル・コースの創業者で、米国発のブランドとして今後が期待されている。

 ゲフィン、ストライカーの2氏以外はまだ若手で、プリツキー、ドル&ガバ、コースは昨年からランクインし勢力を拡大させている。


LGBT 大富豪
 また、現状では大富豪ではないが、アーティスト方面には人材が多数おり、ルイ・ヴィトンのクリエイティブディレクターだったマーク・ジェイコブス氏や、同じくグッチのディレクターだったトム・フォード氏、故アレキサンダー・マックイーンら多数いる。

 特にジェイコブス氏は、ルイ・ヴィトンを辞任し自身のブランド、マークジェイコブスに集中。将来は上場を視野に入れているとされ、大富豪への道は意外に近そうだ。

 一方で、日本のLGBT推定人口は約270万人とされる。高学歴、高収入層が多いとも言われ、マイノリティ勢力だが、今後は一定の力を持ってきそうで無視できない存在になりそうだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする