トップ >  ニュース >  Bitcoin開発者「中本哲史」の身元がついに割れる

Bitcoin開発者「中本哲史」の身元がついに割れる

 お騒がせしている仮想通貨「Bitcoin」(ビットコイン)の発明者である、「中本哲史」(サトシ・ナカモト)の身元がついに割れた模様である。米Newsweekが、その人物のカリフォルニアの自宅を突きとめて直撃している。

 ナカモト・サトシという名前はありふれているために、捜索は困難を極めたが数カ月さまよってようやくたどり着いたそうだ。開発者は京都大教授の天才数学者・望月新一氏だと言われたこともあった。

 64歳の「ドリアン・S・ナカモト」という日本生れの日系物理学者で、「他人の手に引き渡されて、私はもう関わりがない」と答えたという。中肉中背の眼鏡をかけて、普通の格好をした普通の男性だというが、この口ぶりからして、過去には関与していたと理解できる。

 カリフォルニア州立ポリテクニック大学で物理学の学位を取得。また、米連邦航空局の職員として、セキュリティ部門に在籍していたこともある。


ビットコイン
 ビットコインを時価に換算してピーク時で、表の社会のお金に直すと1000億円以上を保有する、「隠れ大富豪」である。だが、家族は中本氏がボットコインにかかわったことは知らないそうだ。

 さらに、オリジナルコードの開発の報酬として、ビットコインで4億ドル分(約410億円)がこれまでに支払われているという。

 しかし、自宅は質素な2階建て住宅で、車はベンツ、BMWなどの高級車ではなくトヨタのカローラ。趣味は鉄道マニアなのだそうだ。

 開発の背景には、国家体制や既存のシステムへの反発心があったそうで、家族にもそのことは話をしていたという。

 多くの富裕層を生み出し、一方で逮捕者や死者も出している。そして、世界各国がこの仮想通貨を巡って、法整備や規制を急ぐなど振り回されている。現在は、ビットコインとの関係を断っているとは言え、この現象をどう見ているのだろうか。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする