トップ >  ニュース >  近大が志願者数1位に、OB平均年収は446万円

近大が志願者数1位に、OB平均年収は446万円

 大学通信がまとめた、2014年の私立大学志願者数ランキングで、近畿大が初の1位に輝いた。早稲田、明治など上位校が軒並み対前年割れしているにもかかわらず、近大が
前年から志願者を伸ばした。ただ、「平均年収1000万円以上の企業への就職率」
「年収1000万円の人が子供を行かせたい大学」などのランキングではまだまだ圏外であり、OBたちの活躍が今後のカギとなる。

 近大はつんく♂さん、赤井英和さんら著名人を多数出しているが、関西では「関関同立」(関西、関西学院、同志社、立命館)の方が知名度や学力ともに上回っているため、目立たない。

 世耕弘成参院議員は前理事長で、創立者一家の出身。また、関西の総合私立大の中では珍しく医学部があるなど理系に力を入れており、その中でマグロの養殖でかなり知られるところとなった。

 ランキングは次のとおり。
  大学   志願者数   募集
1 近畿大  10万5890  4086
2 早稲田大 10万5424  5580
3 明治大  10万5191  4734
4 日本大  9万6082   7109
5 法政大  9万4809   4690
6 立命館大 8万6935   4350
7 関西大  8万4251   3744
8 中央大  7万1916   3695
9 立教大  6万3934   2920
10 東洋大  6万2202   4781

 各大学を「DODA、出身大学別年収データ」で比べてみると次のようになる。

近畿大 446万円
早稲田大572万円
明治大 524万円
日本大 469万円
法政大 482万円
立命館大466万円
関西大 467万円 
中央大 531万円
立教大 504万円
東洋大 425万円

 実に、2位の早稲田大とは100万円以上の差が出る上に、上位10校中では9番目となる。続いて、ビズリーチが調査した、年収1000万円以上のビジネスマンが子供を行かせたい大学のランキングは次のようになる。

1 慶應義塾大
2 東京大
3 早稲田大
4 京都大
5 ハーバード大
6 マサチューセッツ工科大
7 スタンフォード大
8 一橋大
9 上智大
10 東京工大

 国立大学や海外の大学も対象となるため、関西からは京都大の1校しか入らなかった。そして、次は、プレジデント誌が調べた、平均年収1000万円以上の企業への就職率ランキングだ。ちなみに、30位までに近大はなかった。

1 一橋大  9.1%
2 慶応大  5.6%
3 東京外大 4.5%
4 東京大  4.1%
5 京都大  3.3%
6 早稲田大 3.2%
7 東京工大 3.0%
8 上智大  2.8%
9 国際基督教大2.5%
10 神戸大  2.3%

 大学通信が調べた、全国の高校の進路指導担当教諭が評価する近畿の大学ランキングは次のようになる。ちなみに、こちらでは8位に入っており、一定の評価は得ている。あとは、どう全国区になるか。

1 京都大
2 同志社大
3 大阪大
4 立命館大
5 関西学院大
6 神戸大
7 関西大
8 近畿大
9 京都工芸繊維大
10 大阪府立大

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする