トップ >  ニュース >  実は「株主優待」より凄かった総会の「お土産」、ふぐの詰め合わせなど

実は「株主優待」より凄かった総会の「お土産」、ふぐの詰め合わせなど

 「会社四季報(発行:東洋経済新報社)が、上場会社に定時株主総会のお土産について調査したところ、73%の会社がお土産を用意していることがわかった。株主優待ばかりが話題となりやすいが、お土産に関する網羅的な調査は異例。お土産実施社は、株主優待実施社よりも実は多いのだ。

 同調査は上場会社3533社を対象に、前回の定時株主総会でのお土産と内容についてアンケートを初めて実施した。回答のあった2358社中、1719社の会社がお土産を準備していた。

 この社数は、株主優待を実施している社数1022社よりも多い数字だった。企業が、いかに株主総会参加者に対する会社の関心の高さを示しているようだ。次にその一例を示す。

・サービス業 ゴディバのチョコレート
・サービス業 図書カード2000円分
・化学    シャンプー4000円相当
・建設業   中田屋のきんつば
・建設業   文明堂のカステラ
・情報通信業 Xボックスソフト
・卸売業   牛タンセット
・小売業   とらふぐの焼きひれ
・不動産業  ふぐの詰め合わせ
・証券先物業 とらやのようかん

 お土産は株主優待とは違い各社ともに公表していないために、実態がわからなかったが、優待を凌ぐものも多いことが分かる。例えば優待で人気になる金券類だが、図書カード2000円を例に取ると、小松ウォール工業100株、日神不動産100株などは最低単元株で2000円分がもらうことができる。しかし、三洋堂書店1000株以上、カワニシホールディングス5000株以上など複数単元株を保有しなければ、2000円以上の図書カードがもらえない会社もある。

 また、ゴディバのチョコや、ふぐの詰め合わせなどというものまであるとは実際に参加しなければわからない。さらに、調査に回答しなかった会社の実態は分からないために、それ以上のものもあるかもしれない。

 今後は配当、株主優待、お土産の三つ取りで、実質配当利回りとして換算する考え方があってもいいだろう。

 詳しくは、四季報のオンライン版で15日以降に掲載される予定だという。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする