トップ >  ニュース >  国税庁「e-Tax」今年も事前設定に苦しむ人続出

国税庁「e-Tax」今年も事前設定に苦しむ人続出

 評判の悪い国税庁の「e-Tax」。確定申告の際に納税者それぞれに葛藤が、あるようだ。

 最近では年収2000万円以上の会社員だけでなく、医療費控除などもあり、馴染みある人が増えているが、今一度説明をしておくが、このシステムは国税庁のホームページ上で済ませてしまうため、税務署へ出向く義務は必ずしもなくなる。インターネットなので、24時間の入力は可能になった(メンテナンス期間をのぞき)。

 一見すると便利なように見えて、実はこれが慣れない人にとっては、ひじょうに面倒なのだという。画面に入力すれば良いだけ、と考える人はまだまだ国税庁を知らない。

 「事前準備セットアップは以前に行ったのに、また、年度ごとにやらないといけないとは…」 と、今回が2回目という都内の30代兼業投資家は言う。そう、入力の前にやるべきことがあたくさんあるようなのだ。もちろん、入力でも煩わしさがあり、パスワード入力などで連続でミスをすると、止まるという。

・電子証明書やICカードリーダライタの取得・設定
・事前準備(ルート証明書のインストール、信頼済みサイトの登録)
・開始届出書の送信、利用者識別番号の取得
・電子証明書のe-Taxへの初期登録
・e-Taxソフトのダウンロード、インストール

 この設定を行って初めて利用が可能なのだ。しかも、毎年度だ。これらの言葉を聞いただけで意味がわかる人も少ないだろう。もうこれだけで、ついていけなくなる人もいるかもしれない。

 国税行政運営の効率化について言えば、平成24年度の事務処理の削減時間は合計10万2860時間で、前年比3131時間も削減できたことになる。簡素化して普及をさせたいのが国税庁の本音だが、普及を難しくしている要因もある。

 個人情報保護、さらには、インターネット犯罪の防止のためのセキュリティ強化などが影響している。このために、面倒な手続きはどうしても現状では必要。ここにジレンマがある。

 実際に脱税事件でその被告人が公判の中で、e-Taxのことを「複雑でわかりにくかった」と証言した笑い話もあるほどだ。

 国税庁によると、所得税申告は利用が22年度の44.1%から24年度は50.4%まで上昇。ただ、これは自分一人ですべてできたという割合ではなく、サポートを得てできたというデータも入っている。今後も増加は続いていきそうだが、「わからない」というしぶとい層は30代でも、いまだに存在するのだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする