トップ >  ニュース >  英がアマゾンなどに20%のダウンロード課税へ

英がアマゾンなどに20%のダウンロード課税へ

 アマゾン、グーグル、アップルなどグローバル企業が、タックスヘイブンを利用して租税回避を行っているが、英国のオズボーン財務相が、ダウンロード物に対して、2015年の1月から20%の課税(付加価値税)を行う見通しであることを、英ガーディアンに語っている。

 元々は、アマゾン、グーグル、アップルなど多くの企業は電子書籍や音楽などのダウンロード物が知的財産権であると位置付けて、ルクセンブルクなどを間に置くことで、課税を逃れてきた。

 これらはパテントボックスとも呼ばれるもので、ルクセンブルク、オランダなどは他の欧米諸国よりも安い税率に設定されているために、それらを利用している。

 英国では、コーヒーチェーン大手の英スターバックスが昨年、英国政府に5年ぶりに法人税を支払った。税率の低いオランダに売上を移転させたり、原材料となるコーヒー豆の仕入れをスイス法人に任せて課税逃れしてきた。英進出から14年間で30億ポンドの売上げがあるにも関わらず、わずか800万ポンドの納税にとどまっていた。

 先進国では売上高は上がるものの、不動産、資材、人件費などのコストが高い。その分の穴をタックスヘイブンなどで埋めようというのが目的だ。

 イタリアでは、アップルなどグローバル企業に対して イタリア国内で納税をする義務を課す法案が国会に提出されているなど、包囲網は造られていく。OECDの租税委員会で話し合いが行われており、今後はますます規制が強くなるとみられる。

 日本でも先日の参院予算委員会で、三原じゅん子氏が質問でアマゾンについて、「国民のみなさんの税金で整備された道路や橋やトンネルなどのインフラを税を納めることなく、タダ乗りする形で利用して商売を行っている」などとタダ乗りを批判。

 アマゾンの日本国内での納税額についても質問したが、国税庁は、個別の案件であるということで回答を差し控えている。ただ、いずれにせよ、日本国内でも課税策を検討中でもあり、租税回避の余地が難しくはなりそうだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする