トップ >  ニュース >  アジアベストレストラン50、評判が良い日本勢がなぜ順位を下げるか

アジアベストレストラン50、評判が良い日本勢がなぜ順位を下げるか

 「アジアのベストレストラン50」が2014年も発表され、日本の「ナリサワ」が2位に入るなど10店がランクインした。ただ、日本勢が1位を明け渡したことで、他国は観光政策の一環として戦略的に情報発信を行うなどランキングを上げる努力をしているともいい、「日本のランキングがなぜ下がっているのか」との声もあがるなど、喜んでばかりはいられないようだった。

 24日に東京都内で行われた報告会では、シンガポールで行われた授賞式に出たシェフが出席。成澤由浩(ナリサワ)、山本征治(龍吟)、岸田周三(カンテサンス)、生江史伸(レフェルヴェソンス)、高澤義明(TAKAZAWA)、米田肇(HAJIME)の6氏が出席した。

 2014年のランキングは次のとおり。

1 ナーム  タイ
2 ナリサワ 日本
3 ガガン  タイ
4 アンバー 香港
5 龍吟   日本
6 アンドレ シンガポール
7 ワクギン シンガポール
8 ウルトラバイオレット 中国
9 ロンケンヒン 香港
10 オット エ メッツォ ボンバーナ 香港

 11位以下の日本勢は次のとおり。
16 石かわ(42)
22 カンテサンス(16)
25 レフェルヴェソンス(-)
34 タカザワ(31)
38 すきやばし次郎(-)
41 さわ田(-)
42 ハジメ(21)
43 鮨サイトウ(39)


アジアベストレストラン50
アジアベストレストラン50に入った日本人シェフ6人
 2位ナリサワ、5位龍吟は前年は1、2位だったがそれぞれ順位が下がった。それをしり目に順位を上げたのがタイ勢で、ナームは昨年3位から1位に。そして、ガガンは10位から3位に上がった。

 アジアのベストレストラン50のリストは、ダイナースクラブの「世界のベストレストラン50」のアカデミーが作成。レストランに関して専門的な見識を持つ業界を代表する900人以上の著名なグローバルリーダーから構成されている(非公開)。

 そして、世界の26に分かれた地域をカバーし、各地域には1人のチェアマンが置かれて、36人から成る評議会がある。この評議会はそれぞれが7票を持っており、少なくとも3票は自分の所属以外の地域に入れなければならない仕組みになっている。また、評議員は毎年10人以上は交代する(スポンサー関係者は投票できない)。

 「海外は自分たちの飲食店が観光にどうつながっているのかという目から、戦略的に国がお金を入れている。日本には多くの店があり、投票者が少ないということもあるし、他国は店が少ないので、順位が上がりやすくなる。『日本の店の評判は良いのに、何で順位が下がっているのか』と聞かれる」

 日本の業界関係者は言う。というのも、日本と違い海外では、このランキングのステータスが高く、注目度が高いために、観光にも直結しやすいという側面もあるようだ。ちなみに、シンガポール開催というのも国が動いて誘致したともいう。今後は新しい情報発信が課題だとの認識が業界では出ているようだ。

 日本勢は10店がランク入り。そのうち6店が順位を下げ、2店が順位を上げ、2店が初登場だった。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする