トップ >  ニュース >  増税前のTV買い替えに注意! 不本意にNHK衛星を契約させられた!

増税前のTV買い替えに注意! 不本意にNHK衛星を契約させられた!

 消費税増税を前に、様々なものを買い替える人も多いだろうが、マンションの引っ越しをしたり、TVを購入する際には、NHKの契約に気をつける必要があるようだ。思わぬ出費を迫られるケースが出ているからだ。

 最近は、BSアンテナが付いているマンションも多い。また、TVでもチューナー内臓のものもあり、本人の意図とは無関係に、つなぐと衛星放送が受信できていたりすることもある。

 NHKの集金人が受信していることを確認すると、契約にいたることがあるようだ。インターネット上には、実はこうした不満がたくさん書かれている。中には、設備があるだけで実際には受信できていないにも関わらず、契約を締結させられたとの書き込みもあるほどだ。

 NHKの放送料金は次のようになっている。

     6カ月払い 12カ月払い
地上契約 6980円   1万3600円
衛星契約 1万2370円  2万4090円
※2カ月払いは省略

 衛星放送分の余計な出費が約1万円。さらに、TVがあるだけで、年間2万4090円の負担増になってしまう。今後50年間負担するとすれば、最大で120万円以上の負担が必要となる。家計管理上でも見直す必要がありそうだが、それより意図しないで余分な出費を強いられることが解せない。

 先日の衆院消費者問題特別委員会で、話題に出た。森まさこ消費者問題担当相によると、NHKの契約に関しての相談が1210件寄せられているという。

 マンションに衛星放送アンテナがあるため、支払うように言われたという例もあったそうで「相談が寄せられているということをNHKが認識して、受信者の理解に資する丁寧な説明が必要。今後はさらにそういった取り組みを進めてまいりたい」とした。結いの党の井坂信彦委員の質問にこたえた。

 NHK放送文化研究所の調査によると、個人視聴調査で1日平均視聴時間は地上波は56分に対して、衛星は6分とほとんど日課として見ている人がいないということだろう。

 家、車、保険が人生の三大出費とされるが、地上波の受信料や衛星放送は意外に大きな出費にもつながる。

 消費税増税を機にTVの買い替えを、と考えるのは自然だが、大きな落とし穴があることを注意する必要がある。あわてることなく、消費税が8%に増税されてからでも、チューナーがないものを探しても良いのではないか。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする