トップ >  ニュース >  ヘッジファンド解散数3年連続増加

ヘッジファンド解散数3年連続増加

 2013年に、運用をやめて解散したヘッジファンド運用会社が904社に上ることが、ヘッジファンドリサーチ社の調査でわかった。3年連続の増加で2010年以降では最多となった。

 リーマンショックの起きた2008年から解散した運用会社は減少傾向で、設立会社が増加傾向にあったが、日米などの株式市場が好調だった2013年は設立数が減少し、解散数が増加した。

   設立  解散
2008 659  1471
2009 784  1023
2010 935  743
2011 1113  775
2012 1108  873
2013 1060  904

合計 5659  5789

 業界的には、スターヘッジファンドとダメヘッジファンドが混在してしまうために、
ベンチマークを下回るものも数多く出てきてしまう。また、十分なヘッジを取らずにレバレッジを高く取ることで、リーマンショック時のような事態に陥ることもある。そのため、2008年以降は、一定以上の解散数が発生するようになっている。

 また、ヘッジファンドの収入源である運用出来高報酬フィーだが、前年よりも1.54ポイント上昇し、平均18.27%となった。また、2013年に設立のヘッジファンドのフィーは平均16.99%だった。

 また、英調査会社プレキンの別の調査によると、2007年以降に開始したヘッジファンドは、最初の3年間の平均年利が8.80%で、従来からあるファンドの5.38%よりも平均的に上回っているが、最初の1年間は不安定でボラティリティが大きいこともわかっている。

 国別では、北米で最も多く新たなヘッジファンドが誕生している。ただ、年金基金の担当者などは保守化しており、株式のロングオンリーでの運用を望むなどの変化も見られ、ヘッジファンドそのものの良さに目を向ける必要がない環境でもある。

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする