トップ >  ニュース >  1億円と100億円、富裕層と富豪の貧富の格差が拡大中

1億円と100億円、富裕層と富豪の貧富の格差が拡大中


ポルシェ
 富裕層の中で、最上位10%層と1%層との間の格差が進行していることがわかった。また、資産1億ドル以上(約100億円)の上位0.01%層はさらに富んでおり、より大きな格差が生じていることが、米カリフォルニア大学経済学部のエマニュエル・サエス教授らの研究で明らかになった。

 そもそも、富豪クラスと富裕層クラスなので、相当な格差が存在する。例えば、1億円の人と貯金0円の一般市民とでは、その差は1億円だが、1億円の人と10億円の人では、9億円の差がある、という当たり前の話。しかし、1980年代以降にはさらに、その格差が進行しているのだ。

 まず、上位1%の中のシェアを表した下の図では、上位0.01%(赤線)のシェアの伸びが最も大きくなっていることが分かる。次いで、0.01~0.1%(青線)のシェアが上昇。一方で、0.5~1%、0.1~0.5%のシェアはほとんど横ばいのままだということだわかる。



 それは、次の四つの図でも明らかになっている。まず上位10%と下位90%の格差は徐々に拡大しているが、その原因は上位1%、特に、0.1%以上の層が貢献しているからだ。

 特に最上位層0.01%のシェアの伸びが大きく、上位1~10%の「下層富裕層」たちのシェアが落ちていることがわかる。









 なぜ、このような格差が拡大したのか。その理由は株式による富の差だと研究では見ている。つまり、次のような図式だ。

上位0.01%=株式市場の勝利者

上位1%=賃金労働の勝利者

 ちなみに、フォーブスの長者番付に掲載される1000億円以上の大富豪(トップ0.00025%)の富のシェアとトップ0.01%のシェアの上昇曲線の形状が実はよく似ている。株式市場の勝利者同士で同じような曲線をたどっていくのは、当然とも言うことができる。あとは、税率の恩恵を受けてきたということもある。


 例えば、著名投資家で大富豪のウォーレン・バフェット氏の2010年の税率は17.4%と、労働者よりも低い。また、2009年の最高所得者400人の平均税率は19.9%という、これも低い税率となっている。

 こうした点、さらにはオフショアに移転した資産なども要因の一つではないか、と研究では見ている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする