トップ >  ニュース >  1位東京・横浜、世界都市危険度ランキング

1位東京・横浜、世界都市危険度ランキング

 スイス再保険は、世界のメトロポリタン都市で災害被害想定の大きさのランキングをまとめた。全体的にアジアに集中する傾向が見られ、ある意味でアジアの富裕層は日常で災害との戦いを強いられることにもなる。1位は東京・横浜で5710万人が影響を受ける。大阪・神戸、名古屋もランクインするなど災害リスクに晒されていることがわかる。

◆災害で影響を受ける人口
1 東京・横浜(日本)  5710万人 
2 マニラ(フィリピン) 3460万人 
3 珠江デルタ、香港など(中国) 3450万人 
4 大阪・神戸(日本)  3210万人 
5 ジャカルタ(インドネシア)  2770万人
6 名古屋(日本)    2290万人
7 カルカッタ(インド) 1790万人
8 上海(中国)     1670万人
9 ロサンゼルス(米)  1640万人
10 テヘラン(イラン)  1560万人

 ちなみに、不動産価格だが昨年最も上昇したのがジャカルタで37.7%、東京は13.0%
上昇した。不動産投資を行うのであれば、当然ながら災害の可能性はあらかじめ頭に入れておかなければならない。

 ロサンゼルス以外はすべてアジアとなったが、日本は3エリアがランクインした。調査では特に東京・横浜は、津波の割合を小さく見ており、災害は半分以上が地震であるとの認識を示している。首都直下型地震を想定しているようだが、それに伴う原発事故などは想定に入っていないようだ。

 2011年の東日本大震災後に、南関東の年収1000万円以上の高所得者や富裕層の人口が減少しているという出来事も調査から判明している。

 災害によっては、都市機能が空白化することもある。それらを日数で換算しているのが、次のランキングだ。上位3都市が日本となっている。
1 東京・横浜 4.50
2 大阪・神戸 2.71
3 名古屋   2.69
4 珠江デルタ 1.78
5 アムステルダム 0.96
6 ロサンゼルス0.93
7 ニューヨーク0.62
8 サンフランシスコ 0.47
9 パリ    0.46
10 台北    0.39

 政府・自民党が、個人収入に課税する所得税について、納税額の上限を2億円にするという案を検討しているが、今回のランキングのように災害リスクも考えているのが外国人の認識でもある。日本の大都市は災害被害による点は常にネックとしてつきまとう。
地震
地震被害の想定

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする