トップ >  メイク・マネー >  年利36%「株主優待」に成り下がった「ふるさと納税」

年利36%「株主優待」に成り下がった「ふるさと納税」

 「ふるさと納税」の制度の利用者数は今や全国で10万人を超えており、大金が動くという意味では完全に定着したと言ってもよいかもしれない。各自治体がPRを行い誘致合戦が華やかだが、その一方で「単なる株主優待になっている」という声も出ていたり、賛成意見ばかりではない。納税者、自治体ともに、当初の趣旨とは少しずつ違ってきているようだ。

比較サイトも続々と誕生

 「ふるさと納税」に関して、現在、確認できるだけでも次のような専門サイトが立ちあがっている。
「ふるさとチョイス」
「ふたくす」
「CityDO!」
「ふるさと納税応援サイト」

 つまり、多くの自治体がふるさと納税のPRを行っているために、納税者側である我々も情報整理を行ってくれる、こうしたサイトに頼る方が比較がしやすいということになる。ただ、選ぶ側の視点は投資家目線になりがちで、「実質配当利回り」という観点で選びがちだ。もちろん、制度をうまく利用している点では、「賢い投資家」だと言うことができるのだが。

 ふるさと納税とはそもそも、税収の減少に悩む自治体に対しての格差是正を行うために施行されたもの。2008年から始まり、2000円を超える部分について、個人住民税所得割の1割を上限として、所得税と合わせて控除される。

 当初、想定されていた問題点としては、「義務=受益」の関係が不明確になる部分は否定できないという点。ただ、東京などの大都市に労働力を送り出した地方に、新たな納税による収入増の道を探るという意味で注目はされていた。

 では、この「ふるさと納税」市場だが、例えば住民税の約1割が動けば、そのスケールは約1兆2000億円になると言われている。地方の自治体にとっては、相当な金額になる。ちなみに直近のデータは次のようになる。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする