トップ >  ニュース >  札幌でも当たり馬券4億円の申告漏れ

札幌でも当たり馬券4億円の申告漏れ

 北海道の男性公務員(41)が札幌国税局の税務調査で、競馬の外れ馬券の購入費を経費として認められず、6年間で競馬の所得約4億円以上の申告漏れを指摘されたことが、共同通信社の配信で分かった。追徴税額は、実際の利益約5億7000万円以上になると見られる。

 すべてのはずれ馬券が経費となるのか、当たり馬券のみが経費となるのか。先の大阪の会社員男性の件でも、解釈が別れたように、今回もそこだった。ただ、国税庁通達では一時所得の扱いとされ、当たり馬券のみが経費扱いされることになっている。

 つまり、職業が「プロ馬券師」であり、継続的に競馬の収入があったとしても、配当金は一時的な所得という解釈がなされる。

 外れ馬券は昨年5月、大阪の会社員男性と国税当局では大きく解釈が異なった。

 ◆男性の主張する年間の購入金額
17年 9900万円
18年  5億3800万円
19年 6億6700万円
20年 14億2000万円
21年 7億8400万円

 ◆大阪国税局の購入金額(経費)試算
17年 600万円
18年 1800万円
19年 3200万円
20年 6500万円
21年 3100万円

 結果的に男性には懲役2月、執行猶予2年(求刑懲役1年)の言い渡し。さらには追徴金の減額がなされている。判決文によると、大阪地裁第12刑事部の西田眞基裁判長は「無申告に係る税額が高額であることなどから、刑の免除はもとより、罰金刑で済まされるべき事案ではない」ともしており、つまり、10億円の税金が掛るという点で、個人の納税能力をはるかに超えるものでるという認識だ。

 「一時所得」の定義が揺らぎかねないことからも、国税庁が躍起になるものわかる。札幌ラウンドの行方は?

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする