トップ >  ニュース >  消える年収1000万円職業、新聞記者、女子アナ

消える年収1000万円職業、新聞記者、女子アナ

 新聞記者、アナウンサーは今後も上がり目のない厳しい職種になっていきそうだ。

 米求人サイトのキャリアキャスト・ドットコムが発表した「ベスト・ジョブ」「ワースト・ジョブ」ランキングで、ワースト部門では、新聞記者、アナウンサーがランクインした。一方で、最も良い職業は数学者だった。ベスト部門では、統計学者やシステムコンピュータアナリストなど軒並み数学系の職業が顔を出す。以下は、ワーストランキング。


 ◆ワースト職業ランキング10(職業、年収中央値、スコア)
・林業 2.4万ドル 739
・新聞記者 3.7万ドル 729
・軍人  2.8万ドル 689
・タクシー運転手 2.2万ドル 649
・キャスター(アナ) 5.5万ドル 646
・料理人 4.2万ドル 645
・客室乗務員 3.7万ドル 642
・ゴミ収集 2.2万ドル 641
・消防士 4.5万ドル 640
・刑務官 3.8万ドル 636

 新聞記者かアナウンサーか、もしくは肉体的にとても過酷な職業が並んだ。もちろん、これは米国の職業事情で、必ずしも日本国内の事情は反映しているものではない。ただ、年収1000万円職業の将来を見通す上では暗示となろう。

 ちなみに、公表されている代表的な業界の年収と言えば、朝日新聞の1287万円(平均年齢42.4歳)だろう。目安として、30歳になると800万円を超えて、40歳になると1000万円超えは叶う場合が多い。

 業界全体の賃金を現す、厚生労働省の平成24年度賃金構造基本統計調査によると、平均年収は695万円(37.3歳)となる。ただし、これは中小も合わせたもので、事業規模が全国紙やブロック紙など社員1000人以上になると、平均年収は804万円に上がる。

 勤務成果によって地位面での処遇は決まるものの、成果の出やすい部署とそうでない部署があったりするために、人事異動は割に行われる。通信部勤務は住み込みのために、生活経費はかなり削られるために、世の中から見れば決して負け組でもないのだ。

 しかし、2022年には人数が13%減少すると予測されている。人口自体が減少していく中で、本業での増収増益のシナリオは描けておらず、現実的には不動産事業に活路を見出している。

 一方のアナウンサー。年収レベルはそれ以上だが、問題は人気商売でしかも「定年」がある点だ。写真週刊誌FLASHによると、潜在視聴率が11%で1位のフジテレビの加藤綾子さんは、推定年収1600万円となっている。下は各局の代表的アナの潜在視聴率と年収だ。

・田中みな実(TBS)7.9% 1300万円
・水卜麻美(日テレ) 6.9% 700万円
・竹内由恵(テレ朝) 5.7% 1000万円
・紺野あさ美(テレ東) 5.2% 900万円
※敬称略

 20代という年齢を考えればひじょうに高いが、そこは「定年」が早い職業だけに、今後の身の振り方を常に考えておかなければならない。人気絶頂の20代の時に年収が1000万円台ではやはり苦しい。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする