トップ >  ニュース >  ボブ・サップが資産10億円に、秘密は「ふなっしー方式」

ボブ・サップが資産10億円に、秘密は「ふなっしー方式」

 かつて日本でも大活躍したプロ格闘家ボブ・サップさんの貯金額が10億円になっていたことがわかった。2011年10月にTV出演した際には貯金額が4億円と紹介されていたが、24日放送のTBS系「櫻井有吉アブナイ夜会」では、何と10億円と紹介されている。その秘密はどうやら「ふなっしー方式」にあるようだ。


ボブ・サップ
ボブ・サップ選手
 サップ選手は過去に、全盛時の月収1億2600万円、貯金額4億円と告白していた。日本で立ち技のK1と、総合格闘技のPRIDEに出場し人気となり、2003年大晦日の曙戦はNHK紅白歌合戦の毎分の視聴率を上回ったことも記憶に新しい。CM、バラエティーとこなしたが、格闘技ブーム終焉をともに消えた。

 ところが、宙ぶらりんであいまいな契約や、ギャラの不払いなど苦い思いを随分としたようなのだ。その後には、PRIDEにマル暴の問題が発生。著書「野獣の怒り」にもあるが、FBIがサップ選手の元を訪ねてきて、マネーロンダリングや脱税のことを聞いてきたほどの儲けだったことも明かされている。

 高須クリニックで起用されたことを機に、ソフトバンク、明治安田生命、千寿製薬と次々とテレビCMに出演しているのだ。

 業界関係者によると、かつて全国区の人気が出たタレントや有名人で、東京で見なくなっても、地方のTVCMで起用されていたり、地方のイベント、講演、TV番組など仕事は意外とあるものなのだ。

 「地方のブッキング業者も商売ですから、TVも枠があるので、必死で仕事を探してきます」と業界関係者は言う。芸能界はある意味で、中央で一度売れてしまえば、勝ちなのだ。

 また、格闘技ブーム全盛期の反省から、マネージメントも最小限に抑えているという。あえて「ふなっしー方式」とここでは呼ぶが、中間搾取をできるだけ少なくして、直接の見入りを増やす方式で勝負しているのだ。だから、働きがそのまま自分自身の年収や資産に反映しているようだ。この方式が現在は、最もお金が貯まるやり方なのだろう。

 サップ選手は以前テレブ番組で「最強の敵は税金」とも話しており、よもや脱税はしていないだろう。金持ちの永遠の敵は、中間搾取と税金。これは万国共通だ。

 ちなみに2011年に放送のTBS系「サタネプ☆ベストテン 時代を彩った芸能人のMAX月収大公開SP」で紹介された全盛時の月給ランキングは次のとおり。

1 ボブ・サップ  1億2600万円
2 ブラザー・コーン 5200万円 
3 東国晴英夫    2000万円
4 内山信二     1800万円
5 安達佑実     1600万円 
6 山本高広     1200万円
7 武田修宏     1000万円
8 コージー冨田    680万円  
9 嘉門達夫      600万円 
10 浜田ブリトニー   530万円 
※敬称略

 サップさんの04年のMAX時の収入内訳は、キャラクター料10万ドル、映画出演料25万ドル、ファイトマネー20万ドル、CM60万ドル(当時1ドル=110円)だったという。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする